内臓、クラニアル(頭蓋骨)テクニックを身に付け、更に施術効果を高めたいセラピストの皆様へ | ミッシェル・グリーン

内臓、クラニアル(頭蓋骨)テクニックを身に付け、更に施術効果を高めたいセラピストの皆様へ

カテゴリー:オファー
2014年7月10日

nst研究会

 

 

皆様、こんにちは

NST研究会の金生(カネイキ)と申します。

 

 

本日は、私の友人であります、ミッシェル・グリーン代表の左迫間さんのブログをお借りしまして、セラピストの皆様の運命をも変える可能性を秘めた施術テクニックの存在を是非、知って頂きたいと思いこの場をお借りした次第です。

 

少し長文になりますが、最後までお読み頂ければ幸いです。

この度、7月20日より内臓・クラニアルテクニックを用いて主に内臓疾患からくる症状を改善する研究会をスタートさせます。

 

 

NST研究会の詳細はこちらをご覧下さいませ。
※アトピーテクニックの無料プレゼントもあります^^
それを見て価値を感じた方だけ、サイトにも立ち寄って頂ければ嬉しいです。

http://www.nst-kenkyukai.com/

 

内臓疾患だから自院と関係ないと思っているセラピストの方もいるかもしれませんが、内臓疾患と言っても幅広く、アトピーや不妊症、糖尿病からリウマチ等まで対応でき、また通常の治療院で扱う筋骨格系の疾患まで対応できます。

 

 

内臓体性反射という言葉を聞いた事があるかも知れませんが、内臓調整だけでここまで可動域が変わるのか・・・?というような変化も出ます。

 

おそらくテクニックを身に付けた方からしてみれば「今まで何をやっていたのか・・・?」と思う方もいるかも知れません。

 

また内臓を調整することで体の毒素を排泄する排泄器官の機能が向上し、疲れが溜まりにくくなり疲労回復にも最適です。

 

 

施術の一例を出させて頂きますと

34歳、女性

 

 

「主訴」

右肩痛、頭痛、右腰痛

 

 

「主な検査」

●肩関節ROM検査で右肩外転約110度で痛み。
●背臥位両ひざ左右倒しで右に倒すと痛みがでる。
●頭蓋骨の屈曲伸展リズムが5回

 

 

「視診」

●目の下にクマ
●むくみ有り

 

皆様ならこのような患者様が来院されたらどのような治療を行いますでしょうか・・・?
痛みの出ている患部をまず一番に調整しますでしょうか?

 

以下、今回のケースの場合、研究会の先生の調整法です。

 

 

「調整」

回盲部の解毒で右肩外転150度まで改善
少し制限が残っていたので、むくみ具合から右腎臓を調整後、外転170度まで改善。
背臥位両ひざ左右倒し痛み解消。
頭蓋骨が固かったので、頭蓋骨の屈曲伸展リズムの調整5回→8回に変化。

頭蓋骨調整後、むくみ、頭痛改善。

 

 

「診たて」

回盲部の機能が低下すると目のクマなどの特徴的な症状がみられる。
回盲部に毒素がたまると、右の大腰筋が収縮し右腎臓を下垂させる。
よって右肩の痛みやROM制限、右腰痛が出現する。

 

通常ならむくみ具合から腎臓→大腰筋をまず一番に調整するのだが、
今回は目の下のクマの具合により回盲部をまず調整した。

 

 

主訴の右肩・右腰は全く触っていません。
実際の調整時間は10分位です。

 

問診時の検査と診たてにより異常部位の特定が出来ているので、患者様に内臓を調整すれば症状が治まるという仮説を説明し、しかも短時間の施術でこちらの言った通りに改善(仮説の証明)しているので、主訴の部分を全く触らなくても納得して頂けます。

 

 

※患者様も内臓で右肩の痛みが改善?・・・など、今まで聞いた事が無い調整法の話をするので、飽きずに興味を持ちます。

 

 

腰が90度に曲がって何をするにも痛いようなぎっくり腰の場合も同様です。
検査や診たてにもよりますが、腰が伸びないような場合は、お腹を調整します。
腰の調整は時間がかかり、戻りも早いですし、悪化する場合もあります。

 

通常の治療院で扱う症状を例にあげましたが、いかがでしょうか?

 

 

サイトに掲載しております、改善例を見て頂いても分かると思うのですが、アトピー等もステロイドを使用せずに内臓と頭蓋骨の調整だけでここまで変化しています。

http://www.nst-kenkyukai.com/category/%E6%94%B9%E5%96%84%E4%BE%8B/

 

 

研究会では、内臓テクニックを3ケ月、内臓とクラニアルテクニックを同時に受講される場合は4ケ月かけてセミナーと臨床を交えながらみっちりと学んでもらいます。

 

よくあるセミナーは受講したけど、テクニックは使っていないという宝の持ち腐れ状態にならない為にセミナーで受講したテクニックは即臨床で使ってもらいます。

 


セラピストの方はセミナーを受講しても学んだテクニックを使わない理由に、「施術方法を変えるのが怖い」「施術方法を変えたくない」という理由でせっかく学んだテクニックを使わずじまいの方が時々います。

でも、ご安心下さい。

 

 

今回のテクニックは今の治療法に内臓テクニックをプラスするだけでも大丈夫です。

 

施術方法は変えずに、施術効果を変える事も可能です。
効果が高まりますので、施術時間だけ確保できれば価値が高まり、患者にも喜ばれ、単価アップにも繋がります。

 

 

また、現在、来院されてる患者さんは今までの施術方法で対応して、アトピーや不妊症といった新しいターゲットを集客する事も可能です。

 

このように内臓テクニック、クラニアル(頭蓋骨)を身に付ける事で、今まで筋骨格系が原因だと思っていた症状が、内臓を調整する事によって改善率がグンとアップする。 

 

今の治療を変える事無く、プラスするだけでもいいし、より専門的に絞って難しい症状などにもチャレンジしてもいいし、無限の可能性を秘めた治療法だと思います。

 

 

以下のような先生方が多く学ばれています。

筋骨格系、神経系の施術では対応できない!
増え続ける重症患者をどうにかしたい!
家族や知人が難病で困っている!
薬漬けから解放してあげたい!
手術無しで何とか助けてあげたい!
少しでも希望を与えたい!

 

などなど、整骨院や治療院には、通常、来院されない症状の患者様の改善に本気で取り組む、熱い想いのセラピスト達が切磋琢磨する集団、それがNST研究会です。

 

この研究会が皆様方の更なる飛躍の第一歩になれば幸いでございます。

最後までご覧頂きまして誠にありがとうございました。

 

========================

金生先生は、素晴らしい施術と信念をお持ちでございます。
ご興味がございましたら金生先生にお気軽にご連絡くださいませ^^

 

NST研究会
http://www.nst-kenkyukai.com/


TOP> > 内臓、クラニアル(頭蓋骨)テクニックを身に付け、更に施術効果を高めたいセラピストの皆様へ