PCサイトだけではダメ。スマホサイト必須!レスポンシブウェブデザイン | ミッシェル・グリーン

PCサイトだけではダメ。スマホサイト必須!レスポンシブウェブデザイン

カテゴリー:オファー
2017年3月16日

治療院ホームページでもあたりまえのようにスマートフォンサイトが作成されるようになりました。
すでに多くの先生がスマホサイトもしくはレスポンシブウェブデザインの搭載によって、スマホ患者を来院に導く手助けをしております。

ただ、まだスマホサイトにされていないならすぐにすることをおすすめ致します。
理由が多くありすぎるので1つずつご説明致します。

 

検索エンジンで上げたいならスマホサイトは必須

モバイルファーストインデックス
http://www.michell-green.com/marketing/2017/01/mobile-first-index/

 

聞きなれないことばですが、単純にお伝えさせていただくと!

・スマホ対応してないホームページは落ちます。
・なぜならスマホ内容を元にPC順位を作るからです。
・スマホサイトがなければ評価のしようがないのでPCサイトを評価しますが評価は低いです。

以前までは、パソコンサイトが基準でスマホ順位が決定しておりましたが、現在はスマホ内容を元にパソコン順位も決定されます。
Google検索からの患者様来院を作ろうと考えているときは、スマホ対策は必須になっております。

 

スマホがどれだけ使われているのか?

このグラフを見てみてください。
赤がスマホです。

出典:総務省ホームページ (http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc372110.html)

 

インターネット利用者は、増えていないのにスマホ利用者だけが急増している。

 

インターネットの利用者数及び人口普及率の推移

出典:総務省ホームページ (http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc372110.html)

 

統計からもネット利用者全体が少しずつしか上昇していないのにスマホ利用者が急上昇していることから、検索エンジンに関係なくスマホ対策は必須であることが理解できます。

 

参考までに3院の接骨院Googleアナリティクス公開

2017年2月1日~2月28日まで

 

1院目

 

2,738ユーザー

mobile :1,951(71.26%)
desktop :636(23.23%)
tablet :151(5.51%)

7割以上の方がスマホでホームページを見られていることがわかります。

 

2院目

 

8,698ユーザー

mobile :6,954(79.95%)
desktop :1,358(15.61%)
tablet :386(4.44%)

2院目は、8割近くまで迫っております。
パソコンユーザーは、15%まで減っておりますね。

 

3院目

 

917ユーザー

mobile :658(71.76%)
desktop :219(23.88%)
tablet :40(4.36%)

 

3院共通でスマホが7割、パソコンが20%、タブレット5%という感じです。
これは、揃えるために似た割合の院を集めたわけではなく、ターゲットがすべて同じわけではなく、全院がターゲットも地域もバラバラでてきとうにピックアップしたものです。

先生の院でもアクセスが多い少ないはあるかもしれませんが、割合のパーセンテージはそこまで変わらないと思います。

 

スマホ対策が必須

以上のお話からなぜGoogleが検索エンジンの基準をスマホに持ってきたかご理解いただけたと思います。
もう多くの業界でスマホの方が割合が上がっております。

・検索エンジンで上位表示するためにスマホサイトが必須
・スマホユーザー数が多いのでスマホサイトが必須

検索もユーザーも必要としているので集客をしたいときは作成は必須になってきております。

 

スマホサイトとレスポンシブウェブデザインの違い

では、スマホサイトにはどうしたらいいの?という方のためにスマホサイトにするための方法をいくつかご紹介しましょう。

スマホ対応にするためには、2つの方法があります。
・スマホサイト
・レスポンシブウェブデザイン

2つを解説致します。

 

スマホサイト

パソコンサイトと別にもう一つスマートフォンサイトを作成することです。
「パソコンからのアクセスはスマホへ飛ばせますか?」とよくいただきます。システムで飛ばすことができます。

ただ、若干、厄介なことがあります。デメリットを記載致します。
・パソコンサイトとスマホサイトの2つを持つので2つの管理が必要
・パソコンサイトを更新したら、スマホサイトの更新も必要
・これによって、スマホサイトの更新し忘れがある。
・画像変更は、パソコン用とスマホ用の2つを制作するので費用が2倍
・テキスト文字も同じようにパソコンとスマホの両方の編集が必要
・パソコンサイトだけブログが増えてもスマホサイトが増えなければ意味がない。

問題はもう一つあります。
肩こりで検索した患者さんが先生の肩こりパソコンページを見つけクリックしたとします。
スマホサイトに飛びます。肩こりのページに行くでしょうか。トップページにいくことがあります。
これは、設定ですが、スマホでホームページに訪れると自動的にスマホサイトへ飛ばすことがシステムでできます。

ただ、それが確実に肩こりのページから肩こりに飛ぶかというと、設定していれば飛びます。設定していなければ飛びません。

では、設定し忘れは何に起こるかというと!
・新しく制作したページ
・毎日更新するブログページ

結果、2つのサイトを持つことは面倒な管理が出てきます。ときに2つのサイトを持つので管理費用も2倍になったり。

ただ、メリットもあります。
パソコンと分離しているのでスマホに適した綺麗なデザインサイトが作ることができることです。

美容や大手は、これをやっております。
キレイなサイトを作っておりますが、治療院では資金力があり、パソコンもスマホも両方を手をかける時間があればとても良いですね

 

レスポンシブウェブデザイン

 

ミッシェル・グリーンで推奨しているのがレスポンシブウェブデザインです。
具体的に何かというと上記、画像のように1つのホームページで自動的にシステムがアクセスされた端末に合わせて形を変えます。

1サイトご紹介致しましょう。

 

PCサイト

 

スマホサイト

 

画像も文字もパソコンとスマホで適切な文字大きさで表示されます。

 

PCサイト

 

スマホサイト

 

動画もパソコンでは、一覧化で3列のものがスマホで1列で表示されます。

メリットは、片方を変更すれば、もう片方も反映されることです。

このように自動的にパソコン、スマホ、タブレットのいずれの端末でアクセスがあってもそのモニターの形に合わせてホームページを表示します。

これは、Googleが推奨しているやり方でもあります。

このことからスマホサイト対応していないホームページをお持ちの先生は、いち早く、レスポンシブウェブデザインの対応をしましょう。

TOP> > PCサイトだけではダメ。スマホサイト必須!レスポンシブウェブデザイン