コンセプトで場を制する。 | ミッシェル・グリーン

コンセプトで場を制する。

カテゴリー:場を制する
2017年6月16日

患者さんのマインドを先生の治療院のことで占領する場を制するためには、院のコンセプトが必要です。

例えば、安全で痛くない施術、症状が改善する施術のような患者さんが先生の院に信頼を得られるイメージです。

 

治療院を開業してから来院がなかなか起こらないときは、コンセプトがない院が多いですね。
繁盛院から急に来院数が減った院は、掲げていたコンセプトをやらなくなってしまったときですね。

この2つの状況で院が変わります。

 

患者さんは、1日にたくさんの情報にさらされます。

現代というのは人類至上、最も情報が溢れている情報社会と言っても間違いないでしょう。

ネットで検索すれば、一生かかっても見切ることができないだけの情報があり。
1日に何週間分にもなる時間数の動画がアップロードされ。
人とコミュニケーションを取ろうと思えば、Facebook、LINE、ツイッター、電話といくらでもあります。

ただ、残念ながらそれらは教育が足りていないことで現代では正しく機能しておらず、人々は嫌気を感じています。

 

その中でシンプルなコンセプトは、患者さんのマインドの中に入っていきます。

広告は患者さんに望まれず、好まれないイメージがあります。ときには、険悪されるときもあるでしょう。

ただ、この場を制するというのは、今まで考えていた広告の考え方を変えます。

 

そして、繁盛院は共通してこれで成功しています。

場を制するために施術内容を変えません。
患者さんの頭の中にある施術の位置付けを変えるだけです。


TOP> > コンセプトで場を制する。