場を制する!本当の場とはどこか? | ミッシェル・グリーン

場を制する!本当の場とはどこか?

カテゴリー:場を制する
2017年6月14日

治療院ホームページに限らず、店舗でも『場を制する』という観点から考えると患者さんの来院を呼びやすくなります。
今より多くの患者さんが安定して来院しやすくなります。

場を制するには、段取りがあります。

 

まず4つの柱を固め、場を制します。

 

・施術
どのような施術をされているか?どのような症状を改善されるか。

 

・価格
いくらか?

 

・場所
検索でどの位置を制するか?地域の店舗でどこの土地に場を構えるか?

 

・宣伝
どのような方法で患者さんに接触するか?

 

この4つが最初の土台になりますが、これらを決めるときに市場調査をします。

市場調査は、2つあります。例えば、価格で考えてみましょう。
・患者さんがいくらなら先生の施術を受けたいと思うか?価値交換の対等な価格。
・他の院がいくらで行っており、比較されたときに値段と施術内容で選ばれることができるか?

このように市場調査は、4つとも行うことができ、調査をした上でサービスをスタートすると場を制しやすくなります。

施術と価格だけ決まれば、紹介が起こりやすく、場と宣伝を強化できれば、集客が増えます。

 

そして、調査の結果で患者さんを分類します。
分類を調査の先にすると妄想と希望の患者さんの分類になるのでその人たちが存在しない可能性があります。

そのため、市場調査をした結果、そのデータを元に患者さんを分類します。

 

分類した患者さんの中から、院に適切な患者さんを決めることがターゲッティングです。

これで院に適した患者さんが決めるので場を制するために行動がスタートします。

そして、場を制します。
上記、記載のことが行われたときにどのようなことが起こるかというと、患者さんのマインドの中に先生の院が存在します。

それが場を制することです。
場を制するとは、患者さんのマインドの場をどれだけ占領できるかです。

TOP> > 場を制する!本当の場とはどこか?