固定ページでのSEO方法と治療項目管理の効率化 | ミッシェル・グリーン

固定ページでのSEO方法と治療項目管理の効率化

カテゴリー:HP
2014年1月15日

固定ページは、主にブログ記事とは違い治療項目、長期で残しておきたい記事を書く部分としてご利用頂けると効率よく、成果を上げやすい環境が作れます。固定ページに治療項目を記載すると管理もしやすくなります。「投稿」から作成する記事の作り方と「固定ページ」からの記事の作り方は、ほとんど一緒ですがSEO対策のやり方が違うため、間違えがないよう詳細にご説明させて頂きます。サイドメニューへ治療項目を増やしSEO対策する方法についてご説明させて頂きます。

 

固定ページ画面へ移動

ワードプレスログインから「ダッシュボード」の最初の画面より、左項目にある「固定ページ」を押すと「新規追加」が表示されますのでそちらをクリック。

 

固定ページ画面より少し下に行くと。

固定ページの新規追加画面は、普通のブログ記事を書く画面と似ていますが少しだけツールの配置や内容が異なります。タイトル、本文、今までと同じですが画面を少し下にずらすとSEOを設定できる場所があります。

 

SEO設定部分

固定ページ下にありますSEO対策部分は、固定ページ内でSEOの4大要素とも言われる、「タイトル」「説明文」「キーワード」の3ヶ所を設定することができます。英語でも表記されておりますが記入場所は3ヶ所のみです。

 

SEO設定方法

3ヶ所についてご説明致します。

Title 『交通事故の治療』・・・タイトル部分(1番検索されたいキーワードの追加・ホームページメインキーワード)

Description 『交通事故で怪我をしたけど、どこへ行ったらいいかわからない。病院に行ったけど異常がないと言われてしまった。治療は打ち切りにされてしまったけど痛みがあり、不安を抱えている。そんな方は、お気軽に当院へご連絡ください。』・・・説明部分(タイトルに入れきれなかったキーワードを追加)

keywords 『交通事故,治療』・・・キーワード部分(ホームページで重要キーワードをロボットに認識させるための部分)

 

検索結果にはどうなって表示されるのか?

3ヶ所を記載するとGoogleで検索されたときにどのように表示されるのか見ることができます。検索対策に対応して、検索結果にどのように反映されるのかまで見れるのはとてもわかりやすいツールです。

 

最後にタイトルと本文の追加

いつもブログ記事を書かれているように「タイトル」と「本文」を記入致します。今回の「h1」は、固定ページタイトルで設定されます。以上で設定が完了致します。

 

実際に4つの場所を見てみると

タイトルには、『title』に設定した「交通事故治療」が入っておりその次に社名・院名が入るように設定されております。

説明部分には、『description』『キーワード』が入っております。

少し前までタイトルには、『院名+地域名』が入ると検索でも地域名と治療名で上がりやすくなるとありましたが2013年からそれが逆にマイナスになる要素になったため、あまり、おすすめできません。

 

h1(ホームページ1行目はどのように設定されるのか?)

赤枠で囲っている『h1』部分では、ブログ記事タイトルに入れた言葉が入るように設定されております。

 

以上で固定ページ4か所についての設定方法を終了致します。タイトル文字数や適切なキーワード数などは、新規記事作成時のSEO対策の記事をご覧に頂くと詳細を見ることができます。

サイドに治療項目を追加されたい際には、しっかりとSEO対策も行いましょう。

追記・・・格安5万円HP制作お申込みの場合は、固定ページの治療項目のSEOは入っていないためこちらで設定をされるとより、検索でも上がりやすくなります。


TOP> >> 固定ページでのSEO方法と治療項目管理の効率化