アップルが独自の検索エンジンを開発か!?アップルボットプロジェクトを発表 | ミッシェル・グリーン

アップルが独自の検索エンジンを開発か!?アップルボットプロジェクトを発表

カテゴリー:ニュース
2015年6月12日

アップル独自のクローラー、アップルボット発表

アップルは、2015年5月5日にあるプロジェクトを発表しました。その名も「Applebot」。アップル自社用のWebクローラーの開発です。これはもしかすると、検索エンジンビジネスにおけるグーグル一強時代に大きな波が起こるかもしれません。

2015年内にはMacやiphoneなどに使われているiOS機器上のデフォルトWebブラウザであるSafariで、グーグル検索エンジンの契約が満期となります。アップルがグーグルとの契約を継続するのかはまだ分かりませんが、最近のアップルは、2012年にはiPhone標準の地図アプリをグーグルマップから自社開発のApple Mapsに変えたり、2014年にリリースされたiOS7からはSeriの検索エンジンを、グーグルからマイクロソフトのBingに変更した経緯もあります。

この時は、「グーグルで検索して」とSeriに頼めば、引き続きグーグルエンジンを利用することができました。とはいえアップルは、アップルボットはSeriのコンテンツ検索のための情報収集であると発表しています。クローラーの開発=検索エンジンの開発ではありません。しかし、これまでのアップルの動向からすれば、検索エンジンも独自のものをと考えていたというのは十分ありえることなのではないでしょうか?

 

アップルはアップルサーチプロジェクトにエンジニア募集

さらに興味深いことに、アップルはアップルサーチプロジェクトというプロジェクトにエンジニアを募集しています。求人の説明によれば「数億人のユーザーが利用する検索プラットフォームをサポートするマネージャー」や「コンピュータやモバイルデバイスの使い方に変革を起こす」といったことが書かれてあるのです。求人を見る限り、検索エンジンの開発とはどこにも書いていません。ただ少なくとも、検索に関係する壮大なプロジェクトを準備しているのは間違いないでしょう。

マイクロソフトもかつてBingの前身であるMSNサーチを開発するにあたって、リリースされる2年位前からMSNボットというクローラーを走らせ情報を集めていました。今のアップルと似ている部分と思いませんか?

 

グーグル一強の検索ビジネスにアップルの立ち入る隙はあるのか?

検索エンジンといえばグーグル。Bingやヤフーも一定のシェアは得ていますが、グーグルのシェアには及びません。トップページをグーグルに設定している方というのは、かなりいらっしゃるのではないでしょうか?そんなところに、アップルが飛び込んで勝ち目はあるのか?

私は「ある」と考えています。

今のアップルは、スマートフォンの成功で大きな利益をあげています。また自動車業界に進出するということが取り沙汰されるほど勢いのある会社です。アップルが自動車業界を乗っ取るなんて、センセーショナルな言い方をされることすらありました。

この勢いがあれば、グーグルに勝るとも劣らない検索エンジンを開発し、それとPC市場だけでなくスマートフォン市場にて大きなシェアを持つiOSという武器と合わせれば、検索ビジネスの世界に大きな波が起こせるのではないか、そう私は考えているのです。

正確に言えば、私はそう期待しています。

 

選択肢が無いのは面白く無い

インターネットは自由な世界です。ハイパーリンクによってインターネット上にばらばらに存在するホームページが接続され、海を泳ぐように好きなページに、そして自由に訪れることができます。
検索エンジンは、そんな海を泳ぐための地図のようなものです。インターネットを利用する上で今や無くてはならないものです。

ですが、その地図が1つだと私は面白く無いと感じてしまいます。その地図には小さくしかのっていないけれど、もっと面白いものが他の場所にあるかもしれない。もし別の地図があれば、そこに辿りつけたかもしれないのです。そしてせっかく用意した面白いものも、見つけてもらうためにはたった1つしかない地図にのれるようにするしかありません。

今の勢いなら、いずれグーグルはすべてのサイトを吸収して、すべてのサイトのトップページになるでしょう。グーグルという検索エンジンの巨人はそれだけ大きくなりました。もうそうなりかけている、と言っても言い過ぎではないでしょう。

グーグルは便利です。これからもグーグルは検索エンジンの巨人として、市場をリードしてもらわなければ困ります。ですが同時に、別の選択肢も欲しいと思っています。なぜなら、その方が昔の自由なインターネットの世界のようで面白いではありませんか。

アップルの検索エンジンについては、あくまで憶測に過ぎません。ですが、アップルの技術力とブランド力なら、もし実現すればすごいことになるのではないか…いつか、iPhoneを開いたらいきなりアップル検索が追加され、グーグルでは順位の低かった面白いサイトに沢山の人を連れて行ってくれるのではないか。そうすればきっと、SEO業界にも大きな波が起こるでしょう。
アップルの動向に、これからも目が離せません。


TOP> >> アップルが独自の検索エンジンを開発か!?アップルボットプロジェクトを発表