情報発信をするための業務時間の減らし方(目標:1日3時間労働)

2021/12/14 (更新日:2021/12/15)

情報発信をするための業務時間の減らし方(目標:1日3時間労働)

ブログ

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

ブログを始めたいけど、マジで時間ないっス!

安心してください。
そもそも、時間のある人の方が少ないです。

それでも頑張って、他の時間を削って、
やりくりしている人はいます。

  • 無理やりは、つづかない!

遊ぶ時間や休憩時間、はたまた
睡眠時間を削ることはできます。

それをやれば、身体は疲れますし、
ストレスもたまります。

ストレスがやっかいです。

ストレスがたまりすぎると、
爆発してやめるきっかけになります。

そのような短距離走を長く
走ろうとする方法はつづきません。

  • ブログやSNSは長距離走です。

業務を他の人にお願いして、時間をつくり、
余裕をつくることができます。

長距離走は、長時間の戦いであるため余裕必要なのです。

解説します。

情報発信をするための業務時間の減らし方

ブログを書くなら、時間をつくるところから始めましょう。

ブログを始められない理由:1日の仕事で手一杯

もし、1日の業務で手一杯なら、
ブログを始めることはできません。

いうまでもなく、時間がないからです。

1日は平等に24時間あります。ブログを書くなら1〜2時間を消費します。業務時間が8時間で施術や書類整理で8時間を使っているならブログを書く余裕はありません。

まず、1日にどのような業務をやっているのか
把握するところから入りましょう。

ブログを始められない最も多い理由は、
そもそもブログを入れ込める時間がないことです。

ブログを始めて失敗する理由:手一杯なのに始める

なぜ、ブログを書き始めて続かないかというと、
新しいことを始める時間がそもそもないのに詰め込むからです。

怠けていたり、怠惰だからではありません。

みんな、何年もかけて1日のルーティーンが出来上がってます。それを変えるのは、なかなか骨が折れます。ただでさえ、習慣にすることが難しいのに、忙しい中で無理やり始めれば、やめる理由しか出てこないことはあたりまえなのです。

旅行帰りにバックに服やおみやげを詰め込めば、
バックはパンパンになります。

その中にまだお土産を詰め込めばバックは壊れるかも
しれませんし、他のお土産も圧迫して壊れるかもしれません。

ブログがきっかけで施術クオリティが落ちることもあります。

ブログを始めてない理由:気づいたら1年が終わっている

ブログをやろうと決めて、
一度でも手を止めると数年経ってます。

始めるなら今なのです。

忙しいけど、今やらなければ、また数年経って、やらなかったことを後悔する。なら、まずは時間をつくるところから始めましょう。

物事はステップバイステップです。

一歩を進めるために靴を履きます。

ブログを書くために時間をつくる方法

仕事を他人に任せましょう。

そして、1日の業務を3時間にまで減らしましょう。

業務を自分でやらない

すべてをやろうとすることをやめましょう。

先ほども書いたように1日24時間です。

先生がやるべき仕事とやらなくてよい仕事があります。本当に高いクオリティを維持しようと思うなら、やらなくてよい仕事というのは、やるべきしごとではないのです。人に任せてやってもらうことでやるべき仕事がもっとうまくいくのです。

経費の節約のために自分でやっていることはないでしょうか。

それが売上低下になり、もっと人に任せられなくなります。

時間をつくることにお金を投じる

経営が何年かつづいたなら、
お金で時間をつくることにシフトしましょう。

お金をつくるために時間を使うのは二流です。

開業した当初は、売上をつくるために時間と労力をつかって頑張ります。売上があがってきたら、時間をつくるために経費を使いましょう。開業当初は、お金が1番で時間と労力は2番でしたが、経営が安定したら、時間が1番でお金が2番になります。

ご自身の時間の大切さがわかり、
施術単価が上がります。

ひたすら時間をつくるために仕事を
スタッフや外注に出してください。

時間ができたら、もっと売上をあげることができます。

できた時間でブログを書く

この時点でマネジメント経営の成功者です。

時間と人材をコントロールできているからです。

持っていた仕事をスタッフや外注にふり、売上をあげるためにブログを書き始める。これ以上にブログがつづく理由はありません。

スタッフに仕事をふっているので、
ブログをどうしても成功させなければなりません。

ブログで成果をあげるモチベーションが違うのです。

時間をつくると見えなかったことが見えてきます。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > 情報発信をするための業務時間の減らし方(目標:1日3時間労働)