読書のデメリットは実はメリット(本を読むことは素晴らしい)

2022/01/14 (更新日:2022/01/14)

読書のデメリットは実はメリット(本を読むことは素晴らしい)

ブログ

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

「読書のデメリットを考えると本を読む気になれません。」

1冊の本を読み終えるまで
それなりに時間がかかります。

また、はずれのような駄作にあたれば、
時間を無駄にしたとも感じます。

  • デメリットは、メリットとなる!

デメリットは、そのときに嫌な思いをしますが、
将来的にプラスに転じます。

嫌なことというのは、成長の糧になりやすいのです。

デメリットがメリットに転じた体験

あとでメリットになるとわかっていても、
すぐに受け入れられるものではありません。

そこで読んだ人にしかわからないデメリットが
なぜ、メリットに転じるのか解説します。

読書の6つデメリットをメリットに変える!

デメリットが成長の材料となるのは、
読書ぐらいでしょう。

本代がかかる

書籍1冊で500~2,000円かかり、
高いと5,000円や10,000円もあります。

10冊、20冊と冊数が増えると
2,000円なら20,000~40,000円もかかります。

①メルカリ、ヤフオク、ブックオフの古本で安くできます。
②30,000、50,000のセミナーに比べれば安い。

書籍代を取り戻すとコミットすれば、
その分、成長も得られます。

また、良書や名著に出会えば、
得られる対価は、書籍代の100倍以上です。

時間を取られる

1冊の本を読み終えるのに3~8時間はかかるので、
多くの時間を消費します。

ただ、その時間は自分一人の時間を得られます。

①読書によるストレス軽減
②自分自身と向き合う時間

Youtubeやゲームは、ストレス解消のように思えて、
ストレスを貯めやすい行動なのです。

また、読書とYoutubeやゲームでは、
終えたあとの達成感や気分が違います。

はずれ本がある

10冊中6~8冊は、はずれを引きやすいです。
30冊ほど買って、1,2冊の良書と出会えればよい方です。

それは、自分に合わない本がみつかっただけなのです。

①自分に合う本と合わない本がわかる
②良書や名著と出会ったときの喜びがすごい

よく飛び込み営業は、トランプを引くようなものとたとえられます。
断られるのは、トランプでハートのAが出るまでひくようなもの。

名著というハートのAをひくまで、
書籍を読みつづけるのです。

読書をし過ぎると成果にならない

読書時間が増えるということは、
行動する時間が減ります。

また、インプットが多すぎると
行動できなくなります。

①インプットとアウトプットのバランスを知れる
②インプットで剣をよく研げている

斧は、よく研いだ方が木を切りやすいです。

インプットが多すぎると感じたということは、
アウトプットする準備ができたということです。

成功した気になり慢心する

成功体験の書籍を読み過ぎるとあたかも
自分が成功したようにおごり高ぶりやすくなります。

本を読む前の自分と読み終えた自分を比較してみてください。

①成功体験を鮮明にイメージできている
②今までなかった自信がついた

「悪くいえば、実力がないのに強気」ですが、
「本を読んで成功イメージがつかめた」と解釈もできます。

本を読む前と後でどちらが成功に近くなったと思えるかが重要です。

間違えた知識で失敗する

書籍に書いてあるノウハウが間違っており、
実践して失敗することもあります。

また、書いてあるノウハウを
間違えた解釈で行動し、失敗もします。

①失敗から学ぶ成功体験

これこそが成功への道です。

本から間違った知識を取り入れ、
間違っていると気づけなかった自分が成長します。

なにが正解でなにが間違っているかがわかるというのは、
成功する方法がわかるということです。

上記のように読書のデメリットは、
将来的に成長を与え、メリットと転じます。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > 読書のデメリットは実はメリット(本を読むことは素晴らしい)