世界のマーケッターがつかう集客プラットフォームは?

2022/04/24 (更新日:2022/04/24)

世界のマーケッターがつかう集客プラットフォームは?

ブログ

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

B2Bマーケターの74%は、販売ファネルをつくっている!

購入者がどこから流入し、どのページをたどり、
何を購入するのかの流れをカスタマージャーニーや販売ファネルと呼びます。

B2Cコンテンツマーケターの47%、B2Bは74%が
カスタマージャーニーや販売ファネルをつくり、マーケティングしています。(2018、Content Marketing Institute)

  • 世界のビジネスでは、集客になにがつかわれるのか?

カスタマージャーニーや販売ファネルの統計で、
どのリソースが最もつかわれているのかも判明しました。

ソーシャルメディアが最もつかわれ、
その中でもfacebookとTwitterです。(2018、Content Marketing Institute)

「どのツールで集客をしようかな?」という先生に向けて!

院内で導入するツールのご参考にご利用くださいませ。

世界のマーケッターがつかう集客プラットフォームは?

コンテンツ宣伝の種類と統計

B2CとB2Bのマーケターがブログやその他のコンテンツを
広めるために使用される最も一般的な形式です。

ソーシャルメディア:B2Cは89%、B2Bは92%
メール:B2Cは86%、B2Bは93%
その他のブログ:B2Cは70%、B2Bは79%
対面イベント:B2Cは42%、B2Bは56%
印刷雑誌を除く– B2Cは34%、B2Bは23%
セパレートコンテンツハブ(マイクロサイトなど):B2Cは27%、B2Bは27%
ウェビナー/仮想イベント:B2Cは19%、B2Bは55%
オンラインプレゼンテーション:B2Cは17% 、B2Bは21%
印刷媒体:B2Cは17%、B2Bは24%
デジタルマーケティング:B2Cは12%、B2Bは21%
(2018、Content Marketing Institute)

最も多いのは、ソーシャルメディアとメールです。

対面、紙媒体は下降傾向にあり、
ウェビナーが盛んになれば対面はもっと減るでしょう。

最も利用されるソーシャルメディアの種類と統計

コンテンツマーケターに最もつかわれる
ソーシャルメディアプラットフォームです。

Facebook – B2Cは97%、B2Bは86%
Twitter – B2Cは84%、B2Bは87%
LinkedIn – B2Cは69%、B2Bは97%
YouTube – B2Cは66%、B2Bは60%
Instagram – B2Cは63% 、B2Bは30%
Pinterest – B2Cは43%、B2Bは12%
Snapchat – B2Cは11%、B2Bは3%
SlideShare– B2Cは8%、B2Bは19%
Medium– B2Cは5%、B2Bは6%
(2018、Content Marketing Institute)

世界では、B2Cはfacebookが利用され、
B2Bは、LinkedInがつかわれてます。

日本では、LinkedInはつかわれておりませんので、
参考となる次の順位ではTwitterです。

86%のfacebookと接戦で87%でTwitterがつかわれてます。

最も利用されるメールマーケティングの種類と統計

B2CおよびB2Bのコンテンツマーケターが
最もつかう電子メールのタイプです。

自動確認メール(ウェルカムメールなど)– B2Cは58%、B2Bは45%
イベントメール– B2Cは55%、B2Bは63% 
プロモーションメール– B2Cは52%、B2Bは42%
マンスリーニュースレター– B2Cは48%、 B2Bは48%
ドリップキャンペーン(例:ウェルカムシリーズ)– B2Cは45%、B2Bは45%
アドホックニュースレター(つまり、スケジュールが設定されていない)– B2Cは36%、B2Bは31%
リード育成 – B2Cは36%、B2Bは51%
隔週ニュースレターの割合(隔週)– B2Cは20%、B2Bは13%
ウィークリーニュースレター– B2Cは17%、B2Bは11%
パートナーシップメールの– B2Cは15%、B2Bは16%
デイリーニュースレター– B2Cは3%、B2Bの3%
(2018、Content Marketing Institute)

B2Cは、自動確認メール(ウェルカムメール)がつかわれます。

問い合わせや予約フォームからの
注意事項やお礼のメールが最もつかわれるからです。

B2Bは、イベントメールです。

宣伝やイベントの案内をするためです。

B2Bは、顧客を動かすためによくメールで営業しますが、
B2Cは、顧客に動きを任せるため、違いが出てます。

ソーシャルメディアは、ブログの次につかわれる

B2Cマーケターの85%、B2Bは91%が
自社ブログを保有もしくはブログを書いてます。(2018、コンテンツマーケティングインスティテュート)

そのブログ記事の宣伝のために、
ソーシャルメディアを運営しています。

マーケターの60%は、ソーシャルメディアマーケティングでブログ投稿を使用しています。(2018, Social Media Examiner)

ブログがSEOで上位表示せず困っているなら、
ソーシャルメディアを始めるのは手です。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > 世界のマーケッターがつかう集客プラットフォームは?