魂が燃える本とは(とんでもない名著に出会える)

2022/05/26 (更新日:2022/05/26)

魂が燃える本とは(とんでもない名著に出会える)

ブログ, 読書

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

心が燃えるような名著に出会ったことはあるでしょうか。

最近、古書にはまっているわけですが、
人生で初めて、心が燃えるような感覚に出会いました。

古書ってすごいですね。

たまに、とんでもない名著が転がってるものですね。
マジでびっくりしました。

  • レベル1:読まなければよかった
    レベル2:発見があった
    レベル3:すごくよかった
    レベル4:感動した
    レベル5:心が燃えた

感動するほど素晴らしい本に出合うことが
最高かと思っていました。

まさか、その上があるとは思ってもいませんでした。

まるで、煉獄さんの心を燃やせ!のような。

鬼滅の刃の煉獄さんが「心を燃やせ」と言ってます。

このような感覚なんだな~。っと思いますね。

では、心が燃えるような本とは、
どのようなものなのか解説します。

魂が燃える本とは

なぜ、人はモチベを上げられないのか?

自分自身のメリットのために
行動を起こそうとしているからです。

それは、自分にしか責任を持っていない状態だからです。

ひどいときには、自分自身にも
責任を持っていない人もいます。

「売上を上げたい!」「副収入を得たい」「継続課金がほしい」「仕事の時間を減らしたい」このような目標でスタートして、仕事がうまくいかないのは、何にも責任を持っていないからです。

人は、なにかのためにエネルギーを
発揮する生き物だからです。

なぜ、モチベの高い状態を保てるのか?

広い責任を持ち続けているからです。

人々に貢献していることを継続しているからです。

人は、うまくいったときに貢献度を下げようとします。モチベダウンは、そこから始まります。

高いモチベを維持するには、拡大し続けるのです。

今まで拡大していたなら、さらに拡大することです。
この世の中は、拡大しなければ縮小しかないからです。

なぜ、仕事が大きいほどモチベが高いのか?

貢献している人数が多いからです。

貢献量が多ければ多いほど、モチベは高まります。

①自分だけより家族
②家族だけより会社
③会社だけより顧客や取引先
④顧客や取引先だけより業界
⑤業界だけより日本
⑥日本だけより世界

ここで頭のよい人はお気づきかもしれません。

大事なことは、役職ではないことです。

社長が自分にしか責任を持っておらず、
副社長がすべての責任を持ってるなら。

副社長の方がモチベは高くなります。

  • ここでなにが言いたいのかというと!

どの範囲を繁栄させる本を読んでいるでしょうか?

もし、自分自身の売上しか繁栄しないような
本であれば、発見がよいところです。

しかし、もっと大きなところまでみている本は、
心が燃えるのです。

読む書籍のステージを上げてみてください!

人生にすら責任を持っていない

ここは、例までに書いておきます。

自分の人生に責任を持っていない人は、
書籍の内容が価格に伴っていないです。

なぜなら、自分の評判や読者のお金や時間にも
責任を持つことがないからです。

表紙やタイトルに引かれて読んでみたら、どうしようもないことしか書かれておらず、得るものがまったくないことがあります。それは、情報を発信する書籍で情報が古くなったか、そもそも筆者が書きたくて書いただけのものです。

ここが最低ランクの本です。

自分の人生に責任を持っている

現代人が読みやすい本は、ここです。

自分自身の繁栄のために書かれた本です。

・売上アップ
・マネジメントや経営の向上
・夫婦や子育てマニュアル
・SEOなどのテクニック
・自己啓発

利益を得るために自分自身や所属する
グループを繁栄させるための本です。

なにかを欠かさない

なにかを犠牲にしたり、助ける人を捨てないことです。

助ける人が多い人が書く本は、人々に感動を与えます。

「仕事のために家族が犠牲になる。」であったり「会社や取引先と顧客が繁栄すれば、その他はどうでもよい。」といった考えがあります。そのため、会社がうまくいって、ボランティアをやっていると好印象になるのです。次のステージは、地域、国、世界のために動いている人たちの本です。

関わる範囲が広い人の本ほど、
素晴らしいことが書かれています。

その中に魂が燃えるような本があるのです。

  • もちろん、名前だけ借りて出版社が代筆した本では意味がありません。

「自分自身の繁栄」というステージから、
一歩、出てみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > 魂が燃える本とは(とんでもない名著に出会える)