【2021年版】治療院でつかえる持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>

2021/05/08 (更新日:2021/05/08)

【2021年版】治療院でつかえる持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>

補助金

こんにちは。さこまです。

昨年、持続化補助金だけで
20件以上の申請をしました。

一般採択率が30%のときに
我々の採択率は、70%でした。

自社、関連会社でも5件の採択を受けました。

2021年も持続化補助金はやりますか?

はい。持続化補助金は、一般型の50万円と
低感染リスク型ビジネス枠の100万円があります。

一般型の50万円は、マーケティングで
低感染の100万円は、コロナ対策費用です。

どちらかを受けることができます。

  • 集客を増やすために100万円の枠で
    ホームページリニューアルをしたい!

低感染リスク型ビジネス枠では、
予約システムと決済システムの導入で可能です。

昨年のコロナ特別対応型との違いが
ホームページリニューアルでは、採択されません。

解説します。

【2021年版】治療院でつかえる持続化補助金

今年は、コロナ対策への強化が
採択されやすい傾向とみてます。

持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>とは

申請書を出して、採択されれば、
上限100万円が補助されます。

経費の3/4補助が補助対象です。

135万円をつかうと、100万円が補助されるので
実質、35万円負担で135万円分の対策ができるのです。

【対象者】小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人
【補助率】補助対象経費の3/4以内
【補助上限額】100万円
※低感染リスク型ビジネス枠では、2021年1月8日以降に発生し発注・契約・納品・支払い・使用が行われた経費について遡及適用が可能です。

小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>ウェブサイト

従業員5名以下の治療院は、申請できます。

持続化補助金の一般型である50万円は、
毎年やりますが、
100万円枠は2020年からです。

今年も100万円枠で申請が可能です。

2020年のコロナ特別対応型との違いは

集客対策よりもコロナ対策の方が
重要視されているとみてます。

公募要領をみたときに、2020年の資料より
感染対策に関する情報が多かったからです。

2020年:集客対策+コロナ対策(集客計画重視)
2021年:感染対策+集客対策(感染対策重視)

コロナの蔓延を防止するための
補助金という理解であってると思います。

マーケティングメインから
コロナ対策がメインとなったということです。

採択率は30~50%を予想

2020年に持続化補助金が注目をあびてから、
採択率が80%前後から30%前後まで落ちました。

コロナ特別対応型採択率
  申請数 採択率
1回目 6,744件 81.5%
2回目 24,380件 81.3%
3回目 37,302件 33.9%
4回目 52,529件 29.3%
5回目 43,243件 38.1%

5回目は、飲食、旅行関係、4回目の不採択企業が
採択されやすい傾向でした。

2021年は、第一回はGビズID取得に
1カ月ほどかかるので採択率は上がるとみてます。

第二回以降は、30~50%を水位するとみてます。

持続化補助金を申請する効果的な方法

感染対策を徹底した、
集客対策の戦略を取りましょう。

ホームページリニューアルが対象外

Q&Aでもありますが、感染対策に関係ない
ホームページリニューアルは認められてません。

100万円枠は、ほぼ感染対策と考えた方がよいでしょう。

ウェブでは、このようなことに利用できます。

①予約システム
②決済システム
③ネットショップ

いずれも導入すれば、患者様との
対面回数が減るので申請できます。

ちなみに感染対策に関わる、
ホームページリニューアルや編集はOKです。

「低感染リスク型ビジネス枠」という名前のとおりですね。

GビズIDで申請します

2020年、書類の郵送で申請ができましたが、
2021年は、ネット申請のみになりました。

申請にGビズIDが必要となります。

GビズID 公式サイト

GビズIDの取得をネットで申請して、
書類を郵送すると、パスワードが送られてきます。

3週間以上、待つことがあるので
早めに申請しましょう。

公募日

2021年は、全6回で2カ月おきにあります。

1~2週間前に申請を済ませましょう。

  • 【第1回】2021年5月12日(水)
    【第2回】2021年7月7日(水)
    【第3回】2021年9月8日(水)
    【第4回】2021年11月10日(水)
    【第5回】2022年1月12日(水)
    【第6回】2022年3月9日(水)

ホームページ制作、予約システム、ネットショップなど、
ウェブ関連は、書類作成もお手伝いしてます。

申請の1カ月前に制作を決定できれば、
間に合いますのでよろしければ、お問い合わせください。

»詳細はこちら(補助金のホームページ制作相談をする)

TOP> > 【2021年版】治療院でつかえる持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>