持続化補助金の申請から補助金を受け取るまでの流れ

2022/02/14 (更新日:2022/02/14)

持続化補助金の申請から補助金を受け取るまでの流れ

補助金

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

補助金の申請から最後までの流れを教えてください。

持続化補助金は、書類作成と申請から始まり、
補助金を受け取ると完了となります。

それまでに数ヶ月にもおよぶ、
作業と書類提出があります。

  • ①gBizプライムIDの取得
    ②経営計画書づくり
    ③申請と2ヶ月待ち
    ④採択からホームページ完成まで
    ⑤振込と実績報告
    ⑥補助金がおりる

補助金申請のやることがたくさんあるように
思えますが、実際はそこまでありません。

gBizプライムIDの取得、治療院情報を送る、
経営計画書の確認、採択を待つといったことだけです。

具体的にどういう手順で先生は何をするのか、
申請から補助金を受け取りまで解説します。

持続化補助金の申請から補助金を受け取るまでの流れ

①gBizプライムIDの取得

補助金を申請するための
IDとパスワードを手に入れます。

それをgBizプライムIDと呼びます。

gBizプライムID取得サイト

デジタル庁が運営するサイトのため安心してご登録ください。

申請するとIDとパスワードが手に入りますが、
印鑑証明を送ると正式に本登録となります。

1~3週間ほどで、gBizプライムIDが取得できます。

gBizプライムIDがないと補助金の申請ができないので、
まず、最初に行います。

②経営計画書づくり

書類は、基本情報をいただけたら、
すべてミッシェル・グリーンで作成します。

書類作成まで先生が行うと大変だからです。

治療院の基本情報とコロナの状況、これから行うマーケティングをお送りください。あとは、ホームページなどの情報から作成できます。

書類が完成し、ご確認いただいて、
問題なければ申請となります。

③申請と2ヶ月待ち

補助金申請の期限内に申請を完了します。

それから採択結果が出るまでの
約2ヶ月を待ちます。

経営計画書ができたら、gBizプライムIDで申請致します。それから採択を待ちます。採択とは、合格発表のことです。2ヶ月後に採択になれば、補助金が降りることが決定します。不採択になれば、再申請をします。

申請が終わったら、
約2ヶ月後の採択結果を待つのみです。

申請が多いとき、2ヶ月以上かかることもあり、
過去に4ヶ月待ちということもありました。

④採択からホームページ完成まで

採択されたらホームページ制作のスタートです。

経営計画書で申請したことを実行できます。

持続化補助金は、作業期限があります。だいたいの場合は、採択から10ヶ月以内です。

ホームページが完成したら、完了したことを
事務局に報告するために実績報告の書類を提出します。

⑤振込と実績報告

ホームページが完成してから、ホームページ代の
お振込みと実績報告の書類を提出します。

ホームページ完成後に振り込みをしているのは、
補助金が戻るまでのお金の持ち出し期間を減らすためです。

実績報告では、ホームページが完成したこと、振込が終わっている証明を提出します。

申請書と同様に、実績報告書も代行で作成してます。

⑥補助金がおりる

実績報告で書類に不備がなければ、
1~2ヶ月で補助金がおります。

不備があったとしても、書類を修正すれば、
補助金はしっかりとおります。

実績報告から1~4カ月みれば、補助金はだいたいの場合、戻ります。申請が込み合っている場合は、待たされる場合もあります。

135万円で申請しているなら、
100万円が振り込まれます。

  • 以上で持続化補助金の手続きはすべて完了です。

流れは、シンプルなのですが、
初めてでわからないと困惑します。

我々は、今まで何十件と申請し、
ほぼ採択されております。

ホームページ制作で持続化補助金の
ご利用のときは、お気軽にご連絡くださいませ。

TOP> > 持続化補助金の申請から補助金を受け取るまでの流れ