本を読んでも成功しない人の特徴(切り込み隊長になる!)

2022/04/07 (更新日:2022/04/07)

本を読んでも成功しない人の特徴(切り込み隊長になる!)

読書

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

本を読んでも成功しない人は・・・・

今すぐ、本を閉じて実践だけしましょう。

足りないのは、実践と経験値です。
知識ではありません。

【本を読んでも成功しない人の特徴】
・読むことで満足している
・得た知識で評論家になっている
・成功した気になっている
・プライドが高い
・本を読む冊数はすごい

たくさんの本を読む人は、すごい知識量です。

そのような人に自分の困っていることを
相談するとおすすめの本を紹介してくれます。

ピンポイントに問題を解決してくれます。

たくさん本を読むアドバイザーは成功していない。

人に与えるアドバイスは、高い分析力で
問題を精査し、的確な本を勧めることができます。

しかし、ご自身の問題となると解決できていないのです。

すごい能力だと思いますが、とてももったいないです。

では、書籍から得た知識で評論家となってしまったときに
どうしたらよいのか解説します。

本を読んでも成功しない人の特徴

当記事のタイトルでもご紹介してますが、
切り込み隊長になることです。

恐れを知らず、一番危ないところに
誰よりも先に飛び込むのです。

なぜなら、すでに十分なほどに、
誰よりも知識を蓄えているからです。

成功した気になる:何も変わっていない自分

本を読み過ぎると病気になります。

成功者の体験談で成功した気になり、
なにをしてもうまくいくと思い込むことです。

自信がつくことはよいのですが、
自分自身を見失ってしまいます。

本を読んだとしても、読む前と読んだ後の自分は、なにも変化していません。変わったのは、知識が付いただけです。環境は何も変化してません。自分自身の状況も変わっていません。ただ、知識が付いただけなのです。

成功者と同じ行動をしても、
成功するとは限りません。

ほとんどうまくいかないでしょう。

本に、はまり過ぎると自分は変わっていないのに、
変わった気になるという落とし穴にはまるのです。

満足して実行しない:何も変わらない自分

成功した気分のメリットは、自信を与え、
デメリットは、行動させないことです。

苦しい実践を避けて、本から手軽に
成功体験を味わうようになるからです。

私は、仕事をしていると壁にぶつかります。マーケティングがうまくいかなかったり、マネジメントやシステム、会計など。そのときに本を読んで問題を解決します。しかし、なかなか解決しない問題もあります。そのようなときに色々な本を読み漁り、どっぷりはまり、問題は解決していないのに、解決した気分で問題をなあなあにすることがありました。

「1+1=2」の問題をわからないままにすれば、
人生を生きていて、何度も困ります。

実践せずに問題を後回しにすると、
その問題は、形を変えてずっとついてきます。

実践しないことを続ける:何もかわれない自分

うまくいっていない自分をみようとせず、
そのまま、行動を変えないことです。

うまくいかない自分を変えるために、
さらに本を読もうとするのです。

「本を読むことをやめて、実践すれば解決する」そうわかっていても、本を読むことが習慣になっているので、自分を変える方法の本を読みだします。変われない自分に疲れて、ストレス解消や癒しの本を読みます。本の中で「道に迷っている」という言葉が自分に刺さり、「本質の捉え方」「ブレない自分」「人生の決め方」「自分自身の見つけ方」「やりたいことの見つけ方」の本を読みだします。最終的になにを解決したかったのかわからなくなります。

上記のストーリーは、外から見てると笑える話しです。

しかし、当事者は大まじめに問題を解決しようとしているのです。

今すぐ学びをストップしましょう!

切り込み隊長になるには、
進むことと、後ろになにも持たないことです。

なにをするべきか書き出す

紙とペンでなにをすべきか書き出してください。

インプットは終わりです。
アウトプットするだけの時間です。

実践できないのは、インプット量が多すぎるからです。書籍、セミナー、CDやDVD教材は、知識を得て、一時的な満足を与えます。あなたが本当にするべきは、アウトプットです。そして、あなたのアウトプットを求めている人がいます。

インプットで成功した人はいません。
アウトプットして成功してます。

なにをするべきか書き出し(アウトプット)、
それを実行(アウトプット)しましょう。

今まで学んで研磨された知識は、
誰よりも成功に近いです。

本代を取り戻すまで次の本を買わない

今まで購入した書籍や教材の金額を合計して、
その金額を取り戻すまで新しい本の購入はやめましょう。

問題にあたったときに、解決してくれそうな
新しい本があるから買って読んでしまうのです。

新しいものがなければ、実践しかないからです。

1000円の本を買うなら、その知識で1000円を取り戻すまで次の本を買ってはいけません。このルールは、とても有効なのでおすすめです。

セミナー依存症もセミナー代金を
取り戻すまで行かなければ、治ります。

また、本を読める毎日を取り戻すために!

行動することも、自分自身を背水の陣で
追い込むことも本を読むためです。

成功して、自由に本を読めるときがきます。

ただただ、本を読むことが好きなら、本を読むだけで生きていけるだけの結果をつくっちゃいましょう。最初は、読書よりも実践する時間の方が多いかもしれません。成果が得られれば、だんだん読書の比率を上げて、実践を人に任せられるようになります。

成果の上げ方さえわかれば、
読書家は、ビジネスで最強なのです。

TOP> > 本を読んでも成功しない人の特徴(切り込み隊長になる!)