開業時に治療院名を決めるとき(seo)検索で有利になる名前の付け方

開業時に治療院名を決めるとき(seo)検索で有利になる名前の付け方

集客

 

こんにちは。さこまです。

 

治療院の開業ホームページを
100院以上、制作してきました。

 

開業サポートの度に
「この院名で良いですか?」と相談を受けます。

 

私のSEO視点から良い院名を解説します。

 

10年以上経営された先生の後悔

 

・似た院名
・近隣の院長名
・整形外科名

 

治療院を20年経営されている先生が
「この3つでお客が間違えて来て、困ってる。」
と話してました。

 

かといって、せっかく20年の積み上げで
覚えられた名前を後から変えるわけにもいきません。

 

==

院名は、付け方次第でプラスにもマイナスにも働きます。
お客さんを集めてくれるときもあれば、

==

 

院名1つで3つの機会損失

 

普通は、院名は検索で上がりやすいです。

 

・鈴木接骨院
・佐藤接骨院
・げんき整骨院(健康イメージ)

 

しかし、みんなが付ける名前にすると、
「地域名 + 接骨院」より多い競合と無駄に戦うことになります。

 

 

1つ目の損失:無駄にSEO対策をすることになる

 

SEOで上位表示し、集客を増やすのに
最適なキーワードは「地域名 + 接骨院」「地域名 + 症状名」です。

 

これだけでもページ作成で忙しいのに、
院名を上げるための対策までしなければならなくなります。

 

でも、誰も付けてない名前にすれば、
対策しなくていいんですよ。すごい無駄な対策だと思いませんか?

 

2つ目:看板、チラシ、DMで検索しても見つからない

 

せっかく、お金を投じてお客さんにチラシが届いているのに
検索しても、別の県の同じ名前の治療院が出て見つけられなかったら、
諦めてしまう方もいますよね。

 

3つ目:間違えて来る・行く

 

実際の例で加藤整体院さんがいたのですが、
近くに加藤整形外科さんがあり、間違えて来ることがしばしば。

 

ということは、向こうにも来るはずだった方が
行ってしまって、そのまま診られているかもしれませんよね。

 

タクシーの運転手に「加藤整体院へ」と言って、
加藤整形外科に着いた。と言う話があるくらいです。

 

これから院名を決めるなら!

 

例えば、今年開業で院名を「佐藤接骨院」で、
検索で1年以内に1位になれる可能性はほぼないです。

 

それは『地域名 交通事故 治療』で1位より難しいです。

 

無駄な戦いを避けるために、
お客さんが見つけやすいようにしてあげましょう。

 

検索で最適な治療院名の作り方

 

【絶対必須】検索して日本で同じ院名がないこと

 

検索で上位表示しやすい名前にするためには、
検索して同じ院名がないことです。

 

そこでは、容易に1位を取ることが可能です。

 

地域名を入れる

 

これは、超重要です。

 

県名は、大きすぎるので
市名、区名、町名、駅名+接骨院です。

 

私の地元が川崎市の中野島なので
「中野島接骨院」となります。

 

移動手段が電車の地域は町名と駅名
車移動の地域は市名が検索数が多く効果的です。

 

骨盤矯正、姿勢矯正など施術名

 

院名が長くなりますが、骨盤矯正や○○美容の
施術名を院名に入れることも効果的です。

 

Googleマップでは、院名登録しかできませんが、
院名に骨盤矯正を入れれば、検索でひっかかりやすくなります。

↑ 実は、これすごいテクニックなんですよ。
みんな骨盤矯正と入れて消されているので。

 

わかりやすい・覚えやすい

 

これは忘れないでください。

 

おしゃれにイタリア語、フランス語で
作ることがありますが、覚えづらいです。

 

記憶に残らないとブランドが築けません。

 

将来、駅や町名が変わること予見して

 

これは超高等テクニックです。

 

都市開発を調べ、近くの大きなタワー、町名、新しい駅名を
院名として付けておくのです。

 

都市開発が終わった時、一気に有利になる高等テクニックです。

 

私が開業して名前を付けるなら

 

私なら、無難に駅名と接骨院を合わせて、
中野島接骨院にするでしょうね。

 

「中野島 接骨院」で1位を狙います。

 

地域によって、最適な名前がありますが、
院名を付けるベーシックはこのイメージです。

 

というわけで、今回は以上です。
他のページでも開業や経営後にホームページノウハウを
まとめているのでよろしければ、どうぞ!

TOP> > 開業時に治療院名を決めるとき(seo)検索で有利になる名前の付け方