よくある「丁寧な」「親切」「雰囲気」は本当?どこもそうじゃない? | ミッシェル・グリーン

よくある「丁寧な」「親切」「雰囲気」は本当?どこもそうじゃない?

カテゴリー:集客

『患者様の声』を見ると、院の良さを表す時に「丁寧な」「親切」「雰囲気」という言葉をよく目にします。

 

ですが、よくよく見ると、
「丁寧な」や「親切」「雰囲気」などは、使われ方によって違いますし、気付いていない院の強みになることが分かりました。

先生はどのようにイメージしますか?

 

例えば、
丁寧なが「施術の説明」の場合ですと
→今の状態がどうなっていて、どうして痛みが出ているか分かった。
→回復までの筋道が明確に分かって安心した。

詳しく説明してくださる先生になりますし、

丁寧なが「スタッフさん」ですと
→よく話を聴いてくれる。
→明るく接してくれて話しやすい。

になります。

 

先生のモットーが体現されているのかもしれませんし、意識していなかった院の良さを患者様が教えてくれているのかもしれません。

院の強みをホームページに出すと、患者様によりイメージが伝わり、来院に繋がりやすくなります。

患者様の曖昧な言葉をクリアにすると、より院の強みが分かるかもしれません。

TOP> > よくある「丁寧な」「親切」「雰囲気」は本当?どこもそうじゃない?