【リアルタイム編】Googleアナリティクスの使い方徹底解説

2022/01/31 (更新日:2022/02/01)

【リアルタイム編】Googleアナリティクスの使い方徹底解説

Google Analytics

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

今、この瞬間にホームページをみている人数ってわかりますか?

Googleアナリティクスのリアルタイムでわかります。

下図のようにどの地域からどれぐらいみられているか
リアルタイムの数値がわかります。

また、みられているページ、デバイス(PC、スマホ)、
何ページみているのかまでわかります。

  • リアルタイムは、人生の幸福材料。笑

大成功したホームページを持つ会社の中では有名ですが、
リアルタイムは、みているだけで快感を覚えられます。笑

数十人、ときには数百人が見に来るからです。

どのようなときに使えるでしょうか?

メルマガやSNSのような瞬間的なオファーをしたときに、
どのぐらいみられているのかわかります。

そのときに、どのページがどれぐらいみられ、
どのページに移動しているかがわかります。

すると、オファーページを改善して、
そのときに成約率を上げることができるのです。

では、具体的にどうやってつかうのか解説します。

Googleアナリティクス徹底解説 リアルタイム編

そのときにしか得られない情報がここにあります。

リアルタイムとは?

Googleアナリティクスでホームページやブログが
現在、何名にみられているのかわかるページです。

のちほど、詳しいデータを公開しますが、
地域ごとに何のページがみられているかまでわかります。

データの集計は、かなり正確です。

試しにリアルタイムをみながら、
パソコンやスマホでホームページをみてください。

そのとき、そのときにみているページ、
滞在時間など、正確なデータを表示します。

リアルタイムの表記が0~1名です・・・

ホームページの月間アクセスが3,000以下なら、
リアルタイムの表記は、1~2名ほどです。

50,000~10,000アクセスになると、
常時10~20名ほどになります。

リアルタイムは、そのときにホームページをみている人の数ですので、SEOやSNSを頑張った人ほど、数値は上がります。

ブログを頑張った先生ほど、SEOで成功するので、
リアルタイムをみることが楽しみになります。

  • リアルタイムの訪問者数が多いということは、
    人々が必要とする情報を発信できたということです。

ホームページへ誘導できた成功の幸福感と
よい情報を届けられた自己肯定感が上がります。

オファーをした直後につかえる!

リアルタイムが最もつかえるときは、
メルマガやSNSで瞬間的なオファーをしたときです。

データをもとに改善し、
成約率を上げることができるからです。

たとえば、メルマガやLINEのリストにクーポン付きのオファーをしたとします。発行した直後に3~5名が訪れ、料金表ページに移動し、離脱して問い合わせになっていなければ、料金表ページに問題があることがわかります。改善し、問い合わせを増やせるということです。

そのときに、どのページがどれぐらいみられ、
どのページに移動しているかわかります。

それは、広くみるとチラシや看板のような、
オフラインのことも計測できるのです。

Googleアナリティクスのリアルタイムで使えるデータを解説!

リアルタイムを開く

Googleアナリティクスを開き、
サイドバーの「リアルタイム」をクリックします。

リアルタイムに訪問されている地域がわかります。

全世界からのアクセスがあると世界地図が出ます。

日本地図では、県ごとにもわかりますし!

都道府県の中でも、ここまで拡大できます。

治療院が位置する地域からのアクセスが多いはずです。

大事なデータは、アクセス数と表示回数

リアルタイムのデータからホームページ編集をするときに、
最も参考となるのは、アクセス数と表示回数です。

イベント数の中にアクセス数やスクロール回数があります。

上記のデータをもとに、リアルタイムのページ成約率を割り出します。

たとえば、「first_visit」の初めての訪問が11に対して、
「page_view」のアクセスが68なので1人6ページみているので好調です。

では、どのようなページがみられているのでしょうか。

ページタイトルには、モザイクをかけておりますが、
どのページに何回訪問されたのかわかります。

ということは、リアルタイムでみんなの
興味がある旬なデータがわかるのです。

  • Googleアナリティクスのリアルタイムは、
    上記のようにアクセス数が増えたときにつかえます。

1週間、1カ月のデータでは、みえなかった
気づきをそのときに与えてくれます。

TOP> > 【リアルタイム編】Googleアナリティクスの使い方徹底解説