交通事故のホームページ集客を辞めよう(結論:自費単価を上げよう)

交通事故のホームページ集客を辞めよう(結論:自費単価を上げよう)

HP集客, 交通事故

こんにちは。さこまです。

過去、交通事故専門ホームページ制作で
月新規10名でランニング30名を達成させました。

今でも交通事故専門HP制作しています。

しかし、交通事故を本格的に増やしていく、
という場合以外は、あまり
おすすめしていません。

その理由を解説します。

交通事故集客の費用対効果が年々悪くなっている。

結論、他に良い方法があるからです。

交通事故は、ホームページで集客できるの?

できます。

3つの方法があります。

  • ①ホームページ内に交通事故関連ページを増やす。
  • ②交通事故専門ホームページ制作する。
  • ③交通事故専門ランディングページを制作する。

1つずつ実例もご紹介します。

①ホームページ内に交通事故関連ページを増やす。

交通事故患者様を3人集客目標に
6ページ制作で達成しました。

https://www.cloverbone.com/

②交通事故専門ホームページ制作する。

専門ホームページの方が情報量も増え、
集客数も増えやすいです。

https://www.hikariseikotsu.net/

③交通事故専門ランディングページを制作する。

情報を1ページにまとめた縦長のページです。
PPC広告をかけると相性が良く集客しやすいです。

https://www.makoto-seikotuin.com/koutuziko/

しかし、交通事故集客は年々難しくなってます。

ライバルが増え、費用対効果が悪くなった。

上記のようにホームページ、事故関連ページ、
ランディングページのいずれかで集客はできます。

2、3ヶ月に1名~月2、3人は狙えるでしょう。

ですが、デメリットが費用対効果が年々悪くなってることです。

2011年ホームページに事故ページ入れれば新規10名
2013年専門HP制作でも月1~3名良い方
2018年専門HPもランペも広告かけないと難しい
2020年SEOならページを増やし続け、PPCなら広告5万円

だいたいこんな感じです。

交通事故集客するなら何がベスト?

治療院の状態によって変わります。

ケース1:自費移行70%以上で月商100万円なら
交通事故専門ホームページを作って良いでしょう。
交通事故専門ランディングページもOKです。

 

ケース2:分院展開してるなら2院を紹介した
交通事故専門ホームページを作っても良いでしょう。

 

ケース3:自費移行70%以下もしくは月商100万円以下なら
自費集客で売上を上げましょう。理由は事故に頼る経営になるから。
事故をやるならHP内のサブページを増やしましょう。

ということです。

しかし、業界の動向は、交通事故集客から
自費集客の方が強いです。

そちらを解説します。

業界の動向の波に乗れ!

自費の料金を交通事故単価より上げて、
新規自費患者を集める方向になってます。

①最新の交通事故集客動向

交通事故より自費を増やす話の前に
交通事故のデメリットを再確認します。

  • ・売り上げが上がるが一時的である。
  • ・治療完了後、リピート率されない。
  • ・保険のやり取りで問題になる場合がある。
  • ・自費にはない書類手続き対応がある。
  • ・症状の改善意欲が少ない人もいる。

単純な話、交通事故は自費より
単価が高いので集客します。

ですが、自費が交通事故の
単価を超えれば、
すべて解決です。

交通事故単価より自費単価を上げる。

自費の「単価を上げる」「新患を増やす」

この2つを行う方がすごく良いです。

  • ・自費単価が上がると患者の質が上がる。
  • ・自費新患は、リピートする。
  • ・症状になったとき再来院してくれる。
  • ・施術、支払いで書類対応がない。
  • ・改善意欲が高く先生もやる気になる。

しかし、先生も本当は気づいたはずです。

自費診療の患者さんを増やした方が、
一時的な大きな売上より、将来性があることを。

結論:自費単価UP・自費新患増加

2院をご紹介致します。

初回割引きしてますが、
2回目以降8,000円の整骨院です。
https://www.yumeno-harikyu-sekkotsuin.com/

同じく初回3,000円で
2回目以降、6,000円の整骨院です。
http://www.hidamari2011.com/%e6%96%99%e9%87%91%e3%83%bb%e4%ba%88%e7%b4%84-2-2-2/

2院とも上手くいかれております。

費やす時間とエネルギーもこれが良いです。
自費:9割 交通事故:1割

自費単価アップ、新規集客が成功してから
交通事故集客を本腰入れても遅くありません。

業界の動向の最先端に行きましょう。

TOP> > 交通事故のホームページ集客を辞めよう(結論:自費単価を上げよう)