治療院のすいてる時間を予約で埋める1枚の画像(混雑状況を教えるだけ)

2020/11/30 (更新日:2020/12/01)

治療院のすいてる時間を予約で埋める1枚の画像(混雑状況を教えるだけ)

HP集客

こんにちは。さこまです。

画像1枚で混雑時間の予約を
空きやすい夕方前への移動に成功しました。

1日の全体予約数を1~3件増やせます!

なぜか、すいてる時間に予約が入らないのに、
混んでるときに予約が入る、なんてことありませんか?

店舗経営の七不思議の1つだと思います。笑

もし混雑時の予約を分散できれば、1日の予約数は増え、売上も上がります。

しかし、予約が分散しない理由があります。

それは、患者様が予約時間を
自由に決められるからです。

「それはあたりまえじゃないか。」と思いますが、
そうでもありません。

たった、1枚の画像で
予約を分散させることができます。

その画像がこちらです。

ホームページに掲載してから、
すきやすい時間帯に新患が入るようになりました。

理由を解説します。

患者様は、混雑状況を知らない。

患者様は治療院の混雑状況を知らないだけです。

そして、予約時間を指定されれば合わせてくれます。

いつが忙しいかわからない。

治療院は、外から見ていつが
混雑しているかわからない業種です。

レストランは、昼が混んで夜はすきやすい、
居酒屋は昼がすいてて、夜が混むと一般に認知されてます。

整骨院は、不明なのです。
あえて言うなら、「いつもすいてそう」なイメージです。

まさか、病院のように何人、何十人も
待ってるとは予想しません。

いつ予約しても大丈夫だと思ってしまいます。

いつ予約してもらってもいいけど、
営業側は空いてる時間にしてほしいです。

ですが、対象としている患者様がいれば、
生活リズムも
来院したい時間も同じだったりします。

なので同じ時間帯に予約が埋まりやすいのです。

混雑時間の予約問題は新患

新患がすいている時間に予約してくれるだけで
経営状況は、だいぶ良くなります。

しかし、新患は何時が混んでるか知らないですし、
先に入った新患が初診で時間を埋めて入れないこともあります。

でも、新患には来院してほしい。

予約時間の分散を新患で行うことにしたのです。

案は、2つありました。

①夕方がすいたなら産後系を集客する。
ターゲットを変えた集客で予約を埋める。

②これから来院される新患の予約時間をずらす。

②のこれから来院する方の予約時間分散を
採用して、予約状況画像を制作しました。

そこで「初めて方へ」ページに掲載する
混雑状況の画像制作になりました。

予約を埋めたい時間に予約が入る。

いくつかの治療院で画像を設置しましたが、
予約時間の分散に成功された。

繁盛している加藤整体院様でも画像を設置し、
すいていた16時の予約を入れることに成功しました。

  • これは、予約が分散できるということではありません。
    好きな時間に予約を埋めることができるのです。
    もっと言うと、患者様の予約時間はこちらが指定できます。

「そんなこと言うけど、時間を決めるのは
患者さんだから無理でしょ。」と思うかもしれません。

予約状況を伝える画像次第で
好きな時間に予約させることができるのです。

怪しくなってきましたので。笑
詳しく解説します。

空いてる時間を伝える→その時間に予約させる!

「空いている時間を伝える!」のレベルではありません。
予約を埋めたい時間帯に予約してもらうのです。

それができます。

参考画像

1番すく時間帯は1か所だけ

予約が埋まる理由は、患者様の予約したい
時間に
合わせるので、予約が埋まります。

  • なので、営業側の予約してほしい時間を伝えるのです。

第一希望、第二希望、第三希望を作ります。

第一希望の時間をたった1つだけにします。

これだけでそこに予約を集中させることができます。

1番すいている時間を2つにしないことです。
たった1つ、一番すきやすい時間があるので注目します。

たくさんある候補の中ですいているたった1つの
時間帯に意識を
集中させるようにするのです。

3時間単位より1時間単位

3時間単位だと幅が広いので、
1時間単位が良い振り分けができます。

ちなみに3時間単位は効果がありません。
予約分散は、1時間単位でできます。

大雑把に分けすぎると参考にならないですし、
細かすぎると考えるのが面倒になってしまいます。

なので、混雑状況の画像はシンプルに。

新患予約の分散が一番効率的

新患は、来院状況がわからないので、
「初めての方へ」の予約する箇所に設置します。

これだけでOKです。

あとは、新患が予約のときに空いていれば、
すいている時間帯に予約してくれます。

混みやすい時間帯の予約を申し訳なさそうになります。

そこで予約したいけど、混んでるところで
申し訳ないという心理が働きます。

その時間帯でしか予約できない方だけの予約になります。

予約状況は、分散され効率的になります。

たった1枚で予約を分散できる。

ポイントは、わかりやすいシンプルな画像で
1番来院してほしい時間を1つ提示します。

2番目に来院してほしい時間も入れておきましょう。
1番目が来院できないとき、次の候補になります。

と、こんな感じです。

「予約は、患者様のスケジュールだから仕方ない。」と
受け身から「先生の予約に合わせてもらう!」に変えていきましょう。

予約が入らなくてもせっかく
営業してるのでもったいないです。

先生の時間を大切にしてください。

TOP> > 治療院のすいてる時間を予約で埋める1枚の画像(混雑状況を教えるだけ)