ホームページ編集の極意(情報を減らして本質を残す)

2021/03/26 (更新日:2021/03/28)

ホームページ編集の極意(情報を減らして本質を残す)

HP集客

こんにちは。さこまです。

ホームページ編集を毎日やってます。

そのおかげでSEO対策と
成約率アップが実現できてます。

  • ホームページの編集は、情報を増やすため
    ではなく、本質的な情報を残すためにします。

以前のSEOでは、編集といえば、
情報を増やすか、改良することでした。

情報を増やしたり、変えれば、更新したと
認識されて上位表示する仕組みです。

年々、求められているのは、
みている人たちの反応です。

クリック率、滞在時間、問い合わせ数、
よいアクションがどれだけ起こったかです。

編集を入れたとしても、
よいアクションが増えなければ意味がありません。

本当の意味での編集とはなになのか、
具体的に解説します。

ホームページ編集の極意

ホームページ編集とは、
情報を減らして本質を残すことです。

減らすから本質が残る

ホームページ編集では、集客できる
本質的なことを残すために情報を減らします。

すると患者様は読みたいことだけ
残るので購読率が上がります。

現代のSEOは、文字数ではありません。
「読まれるか?」「読まれないか?」です。

それなら情報量が少ない方が読まれます。

編集によって、情報量を減らして、
本当に伝えたいことだけ残すのです。

それが編集です。

減らすことに価値がある

編集によって、残った情報が
本当に価値あることです。

無駄な8割を削除して、
価値ある2割を残すのです。

1000文字から200文字程度になって、
読みやすいならそちらの方がよいです。

無駄なことはすべてなくして、
本当にたいせつなことを残します。

もし本当にたいせつなことが
1万文字を超えるならそれはすごいことです。

多いより少ないことが求められている

ブログの書き方を1万文字で学ぶよりも
500文字で学びたいことと同じです。

患者様もなるべくかんけつに、
短い時間で学びたいと思ってます。

増やすことは誰でもできます。
減らすことの方が難しいのです。

あれこれ説明したくなるので、
どうしても情報は増えやすいのです。

しかし、200文字程度で中身が
なければ意味がありません。

質を上げるために、
情報量を減らすからです。

本質を残す編集方法

削除が基本ですが、拡張もします。

初心者は、削除だけをおすすめします。

削除する

不要な文章も削除するのです。

本当に価値あることは、
削除によってつくられます。

  • ・伝えたいメッセージは1つ
    ・文章は、1文字でも減らす
    ・患者様に苦痛を与えない

これらができた編集は、
かなりレベルが高いです。

伝えたいことをなしにして、
患者様が本当に知りたいことだけにします。

残す

残った文章について熟考します。

なぜなら、そこに本当の答えがあるからです。

残った文章に方向性があるはずです。その方向性を見いだすと、他の文章も編集しやすいくなります。

もし方向性が見出せたなら、
次のステップに進めます。

拡張する

減らした情報を増やします。

ちなみに増やすことは、
本当に高い技術が必要です。

下手をすると不要な文章に戻るからです。

方向性に沿って、価値あることを
追加したり、拡張します。

これでさらに成果を上げることができます。

  • 最後の拡張なしには、大きな繁栄はありません。

成果にならなかったホームページに
成果を与えるのは削除によってなります。

拡張によって、今までなかった
大きな成果を産みだすことができます。

ホームページ編集では、
なにが本質なのかを考えながらやってみてください。

最小の活動で最大の成果を産みだす治療院のホームページ制作

TOP> > ホームページ編集の極意(情報を減らして本質を残す)