【SEO対策】野球(治療院のスポーツページの作り方)

2021/06/10 (更新日:2021/06/10)

【SEO対策】野球(治療院のスポーツページの作り方)

HP集客, サブページ

  • 野球ページは、野球肘や捻挫のような怪我関係が集客しやすいです。部活、社会人野球、プロまで来院する可能性を上げられますのでおすすめの1ページです。

こんにちは。さこまです。

スポーツ治療院のホームページで
新患50名を集めました。

野球ページでは、月1、2名のペースで
集客を成功させました。

野球は、スポーツ人口が多いですが、
専門を打ち出す治療院はかなり少ないです。

野球ページは、しっかりつくると、
Google検索で上位表示しやすいです。

成約率も高いページになりますので、
本腰入れて、1ページつくることをおすすめします。

文章をつくるときにご参考くださいませ。

【野球】症例ページ参考(921文字)

  • 当院の技術は、選手生命を全うするために野球肘を施術で改善してます。適切なケアまでアドバイスしてますのでお困りなときは、ご相談ください。

野球は、重いボールを打ったり、投げたりするので身体への負担があります。その中でも多い症状は野球肘です。

野球ボールを投げる動作を頻繁に繰り返すことで起こる肘関節の損傷を野球肘と言います。

関節の損傷は、肘の外側・内側どちらにも起こります。投げる癖により痛みの部分や治療期間は違いますが、前腕や肘関節に力がかかり過ぎたことが痛みの根本的原因です。

野球肘は、痛みがあり悪化すればスポーツができなくなる可能性もあります。

  • ボールを投げる時に、痛みが生じたり、痛みで腕をまっすぐに伸ばせなくなることがあります。ひどくなると、肘の関節の周りにある軟骨にまで損傷が及び、骨にまで異常をきたし剥離骨折になる場合もあります。

そうなる前に早期治療が必要で最善です。

野球肘の特徴

野球肘は、次のような特徴があります。

・投球時や投球後に肘の痛みが生じる。
・痛みで肘をまっすぐ伸ばせない。
・肘を急に動かせない。
・肘関節の骨にまで以上を及ぼすこともある。
・成長期の10~16歳の投手に発症しやすい。
・成人でも発症する。
・バッティングで痛みを感じることは少ない。
・痛みが生じない練習は可能である。

関節の損傷は、肘の外側・内側のどちらにも起こりますので、肘の痛みや違和感がある場合、早期に対処すると改善しやすいです。

肘をケアする心がけ

治療期間中の基本は肘や腕に負担がかかる動作は控えましょう。

野球肘は、小学生から高校生までに特に出やすい症状です。野球をやりたい気持ちもわかります。しかし野球肘の症状が出ても、過度な投球練習などを繰り返していると、悪化し取り返しのつかないことになった場合には、最悪、野球をあきらめなくてはならなくなります。

治療後は、腕や肘に負担がかかる動作を避け症状は治まるまで投球練習などは控え、焦らず、腕を休ませる時間が必要です。

快適な野球生活を送れるように

当院では、急性的な痛みが治療で治まったら、温熱・寒冷を使い分けます。

野球の練習後は、疲れもたまり筋肉が固まりやすいです。超音波の治療や手技などの治療により肘のケアを日頃から整えて試合でも万全の形で望めるようにしましょう。

野球肘に合わせた施術を行っておりますので野球に関する怪我のときは、当院へご相談ください。

TOP> > 【SEO対策】野球(治療院のスポーツページの作り方)