【SEO対策】陸上・マラソン(治療院のスポーツページの作り方)

2021/06/12 (更新日:2021/07/02)

【SEO対策】陸上・マラソン(治療院のスポーツページの作り方)

HP集客, サブページ

  • 陸上・マラソンページは、ランナーの集客に役立ちます。さらに初心者向けな解説を入れると、走ることに関わる方も集客できます。ほぼすべてのスポーツでランニングをしますので、スポーツをやっている方、すべての方が集客対象になるのです。

こんにちは。さこまです。

スポーツ治療院のホームページで
新患50名を集めました。

ランナーを集客するための、
参考文章をご用意しました。

Google検索で上位表示を目的とした
陸上・マラソン専用ページです。

よくある怪我、原因、症状について、
解説してます。

文章を変えて、最後に治療方法を
入れれば、文章として使えます。

【陸上・マラソン】症例ページ参考(1,447文字)

  • 当院の施術は、陸上・マラソンの怪我の治療からタイムを縮めるためのパフォーマンスアップに満足をする結果を出しています。ランナーが、少しでも良い記録が出せるよう身体のサポートをしています。

ランナーの怪我は、脚に関連した怪我がほとんどです。

膝、ふくらはぎ、足首、足の裏を怪我しやすいです。最も怪我をしやすいのは、ふくらはぎと膝です。

ランナーにとって足の怪我は、大会の出場を逃すことになりかねません。普段から足のメンテナンスが重要となります。

怪我やパフォーマンスの問題で困っているようでしたら、当院へご相談ください。

ランナーの怪我の原因とは

走ることで、足、膝、太もも、腰といった下半身に負担がかかることで怪我を引き起こします。膝は、身体の体重をすべて支える働きがあるので、走るときに負担が特に大きいです。

マラソンで怪我をする原因は、次のことが挙げられます。

・不適切なフォームで走る
・安静時に痛みが出にくい
・オーバーユース(使い過ぎ)にである
・同じ練習メニューを繰り返すことがある
・練習前後の不十分なストレッチになっている
・アスファルトのような硬い地面でトレーニングをしている

日頃の積み重ねが怪我の原因となります。ケアを十分にして、怪我を予防しましょう。

競技生活を安心して行うために

マラソンの怪我で多いのは、主にシンスプリント(疲労性骨膜炎)、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)、肉離れです。この3疾患について、お話していきます。

シンスプリント(疲労性骨膜炎)

シンスプリントは、ふくらはぎの内側が痛みやすいです。

発症の主な原因は、使い過ぎです。

筋肉が硬くなり柔軟性の低下や足の動きが悪くなることが要因とされ、中距離やハードルの方に多い症状です。

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)

ランナーズニーは、膝関節の外側に少し痛みが生じるのが特徴です。安静時に痛みが出ないので、練習を行ってしまう方が多くみられます。

発症の原因はいくつかあります。

・膝の使い過ぎ
・ウォームアップ不足
・不適切なフォームで走る
・骨盤の歪みにより股関節・膝関節・足関節の動きが悪いこと

ウォームアップ不足が不足すると、走るときの負担も増えます。運動後はクールダウンをすると、疲労の蓄積を防ぎます。どちらもしっかり行うことが、怪我の予防となります。

肉離れ

短距離やハードルは、瞬発的な筋肉を使うので肉離れを起こしやすいです。

筋肉が急激に収縮したことによって、部分的もしくは完全に断裂する症状のことです。

筋肉の柔軟性の低下が発症の原因となります。トレーニングの前には、ストレッチを行うことで予防することができます。

それらを防ぐためにも、早めの処置と身体の歪みを元に戻し、定期的に体をケアしていく事が怪我やパフォーマンス低下の予防にもなると考えています。

最高のプレイをするために

陸上に限らず、痛いのに我慢しながら運動を続けてしますケースは多いです。

  • その結果、最悪には疲労骨折で選手生命を絶たれる場合もあります。

そこまで悪くなるまで我慢してしまう学生も多いので定期的なケアをしてあげましょう。

痛いのに我慢して競技をしていても、パフォーマンスが下がりますし、競技能力は上がりません。

当院では、マラソンでの怪我を施術で改善しています。

さらにパフォーマンスを上げるために、コンディションを整える施術もできます。マラソン選手の大事な脚のケアを、怪我の予防も兼ねて行っていきます。

怪我やパフォーマンスの問題でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 【SEO対策】陸上・マラソン(治療院のスポーツページの作り方)