【SEO対策】サッカー(治療院のスポーツページの作り方)

2021/06/08 (更新日:2021/07/02)

【SEO対策】サッカー(治療院のスポーツページの作り方)

HP集客, サブページ

  • スポーツの競技名でページをつくると検索で上位表示しやすくなります。サッカー独自の身体への負担や怪我を解説できると信用につながり、サッカー選手の来院が期待できます。

こんにちは。さこまです。

顧客には、スポーツに特化した
治療院が多くいます。

競技別のホームページや
サブページをよくつくってます。

サッカーは、競技人口が多いので
スポーツの中でも集客しやすいスポーツです。

【全世界の競技人口】
サッカー:2億6000万人
テニス:1億人
ゴルフ:7000万人
野球:3000万人

スポーツ選手は、プロ、アマ、流行で
ハマっている人まで新患になるチャンスがあります。

身体のケアをすることが広まっていないからです。

怪我やパフォーマンスアップを
サッカー独自の視点で解説してあげましょう。

サブページをつくるときの、
参考文章を作成しました。

【サッカー】症例ページ参考(1,175文字)

  • 当院の技術は、サッカー少年、部活動、プロサッカー選手に至るまで怪我やパフォーマンスアップに満足する結果を出してます。サッカーで引き起こされた怪我はお気軽にご相談ください。

サッカーの怪我は、主に打撲、捻挫はもちろん、骨折や脱臼が起こりやすいスポーツです。

サッカー選手にとって、怪我は競技生命を左右する重要なことです。

怪我やパフォーマンスの問題で困っているようでしたら、当院へご相談ください。

怪我の原因は人工芝

怪我は、主に身体が疲れて集中力が切れて起こりやすいですが、近年、人工芝が原因で怪我をしやすくなってます。

人工芝は、下半身への負担が増えます。蓄積された足の疲労が原因で怪我を起こしやすくするのです。

気づかない間に身体に負担をかけ、怪我をしやすい状態になっているので頻繁なケアが必要です。

競技生活を安心して行うために

サッカーは、ボールを繰り返しけるので捻挫や肉離れが発生しやすいますスポーツですが、捻挫や肉離れと同じぐらいに発生している怪我が股関節や腰に慢性的な痛みです。

①全身の柔軟性の低下
②身体の歪み

2つのことから体の使い方が変わり、身体の一部に極端な負担をかけてしまうことが怪我の理由として挙げられます。

怪我の前、怪我の直後といった早い対処(施術)をすることにで改善する期間も大きく変わります。もし対処が遅くなるだけで怪我の改善が長引いてしまいます。

肉離れ

ふくらはぎや太ももの筋力バランスや柔軟性が低下した時に起こりやすいです。肉離れを起こすと再発しやすくなります。段階を見極めながら慎重に治療していく必要があります。

肉離れは主に、瞬発的な動きでなりやすいです。

☑ 筋肉に疲労が溜まり、柔軟性が低下した時
☑ 伸びた筋肉をさらに引き伸ばされた時
☑ 思い切りボールを蹴ろうとした時
☑ ダッシュで走り出そうとした時
☑ 急な方向転換をしようとした時

足関節捻挫

サッカーで怪我をしやすいのは足です。相手との接触で足首を捻ることが多いです。サッカーでも一番多い怪我です。

単なる捻挫だと軽く見ると長期化する可能性が高いです。痛みをかばうプレイをすると変な癖がついたり、さらに身体の別の部分がいたくなったりします。

慢性的な足首の捻挫は、股関節や腰に負担をかけ、動きが悪くなりやすいです。また、継続的に筋肉に負担がかかるので、動きのキレがなくなり、パフォーマンスの低下、更なるケガにも繋がります。

それらを防ぐためにも、早めの処置と身体の歪みを元に戻し、定期的に体のケアをしていく事がケガやパフォーマンス低下の予防にもなると考えています。

最高のプレイをするために

当院では、サッカーでの怪我を施術で改善しています。さらにパフォーマンスを上げるためにコンディションを整える施術もできます。

怪我やパフォーマンスの問題でお困りな時は、当院へご相談ください。

TOP> > 【SEO対策】サッカー(治療院のスポーツページの作り方)