【SEO対策】バレーボール(治療院のスポーツページの作り方)

2021/06/13 (更新日:2021/07/02)

【SEO対策】バレーボール(治療院のスポーツページの作り方)

HP集客, サブページ

  • バレーボールの集客のコツは、バレーボールならではの怪我と怪我をする理由の解説です。難しい用語や説明をせず、専門的なことをいかに説明できるかがカギです。

こんにちは。さこまです。

スポーツ治療院のホームページで
新患50名を集めました。

サッカー、野球、陸上・マラソンなど、
スポーツページが続いても解説の切口は変えましょう。

同じスポーツでも原因がすべて同じだとせず、
1つずつのスポーツの特徴から専門的な解説をしましょう。

スポーツ選手への施術経験が多ければ多いほど、
このような引き出しが増えます。

バレーボールは、ジャンプに関連した怪我を解説します。

バレーボールの怪我は、ジャンプをしたときに
起こることが多いので、その内容で解説してます。

サブページ制作の際にご参考くださいませ。

【バレーボール】症例ページ参考(1,207文字)

  • 当院の施術は、バレー選手の怪我の治療からジャンプ力アップ、スパイクのパワーを上げたり、走る瞬発力を上げるパフォーマンスアップに満足する結果を出しています。

バレーボールは、ジャンプした空中でバランスをとったり、着地時にバランスを崩したり、チームメイトとの接触でケガにつながることも少なくありません。

そのとき、下記のような怪我を引き起こしやすいです。

・ジャンパー膝
・腰痛
・捻挫
・肩関節障害
・突き指

バレー独特のターンやダッシュ、ストップ、ジャンプをくり返すため、足への負担が多く発生してしまうのです。

怪我をすると、改善するまで治療が必要となり、競技にも影響を及ぼします。身体のことでお困りなときは、当院へご相談ください。

バレーの怪我の原因とは

バレーボールは、スパイクやブロックなどではジャンプを繰り返し、レシーブでは中腰の姿勢が多いです。

ジャンプの着地と中腰の姿勢が膝と腰、足に負担がかかり、怪我の原因となります。その他には、オーバーユース(使い過ぎ)も怪我の原因です。

膝や腰の痛みがあっても軽度の場合は、そのまま練習や試合を行ってしまうことがあります。

症状がある場合は、休むことも必要です。回復を早め、競技を継続することにもつながります。

競技生活を安心して行うために

バレーボールで怪我をしやすい「ジャンパー膝」「腰痛」「捻挫」の3疾患について、お話していきます。

ジャンパー膝

ジャンパー膝は、太ももの前面の筋肉がジャンプ動作で駆使され、膝が痛みます。

バレーボールだけでなく、ジャンプをする競技でもみられる怪我です。突発的な怪我ではないのが特徴です。

疲労や衝撃など、日々の積み重ねによるものが多いです。

最初は練習後に痛みが生じ、だんだんと練習中も痛みが生じるようになります。

腰痛

腰痛は、筋肉や筋膜の肉離れや、使い過ぎによる慢性疲労性腰痛です。

腰痛は疲労の蓄積もありますが、身体の柔軟性も影響します。ストレッチは、腰痛の治療でもあり予防法です。

日頃からストレッチをして、筋肉の柔軟性を向上することが必要となります。

捻挫

バレーボールで最も多いのが、足首の捻挫です。

スパイクやブロックの着地のときに、味方や相手の足が引っ掛かり、捻挫を起こします。

捻挫の予防は、足首の柔軟性を向上させるために、ストレッチと筋力トレーニングが大切です。

これらは、早めの治療と身体の歪みを改善し、定期的に体のケアをしていく事が怪我やパフォーマンスの低下の予防にもなると考えています。

最高のプレーをするために

当院では、痛みの出ている内側を中心に施術で痛みを緩和させます。

太もも、ふくらはぎの筋肉が硬くなりやすいので筋肉を緩める施術をして、症状の改善を促します。

さらにパフォーマンスを上げるために、コンディションを整える施術もできます。

怪我やパフォーマンスの問題でお困りの場合は、当院へご相談ください。

TOP> > 【SEO対策】バレーボール(治療院のスポーツページの作り方)