妊活はいつから始めるべき?(治療院の症例ページ参考文章)

2021/06/16 (更新日:2021/07/02)

妊活はいつから始めるべき?(治療院の症例ページ参考文章)

HP集客, サブページ

  • 「妊活とは」で妊活について知ることができた方が次に訪問しやすいページは「妊活はいつから始めるべき?」ページです。いつから始めるかの解説で来院を決定させることもできます。

こんにちは。さこまです。

妊活専門のホームページを制作してます。

妊活を知った方が次に気になるのは「いつ?」です。

どれぐらいに興味を持たれているかというと、
Google検索の複合キーワードで解説します。

「妊活+い」の段では、「いつ」で埋まっているのです。

「いつから」「いつまで」「いつ」「いつする」
「いつできた」というように「いつ」は重要キーワードです。

「いくら」の料金より優先順位が高いのです。

「いつから」に回答しながら、
自院の魅力を伝えていきましょう。

参考の文章をご紹介します。

【妊活はいつから始めるべき?】症例ページ参考(1,386文字)

当グループでは、40歳を過ぎた
妊活の成功率は、85%です。

年齢に合わせて、
正しい妊活を勧めています。

妊活はいつから始めたらよいですか?

なるべく早くに始めることがよいです。

年々、妊娠できる可能性が減り、
流産の可能性が上がるからです。

  • ・加齢で卵子、精子の数が減る
    ・若い方が健康でいやすい
    ・性交渉の回数が減りやすい

妊娠には、あなたに合う適切な年齢があります。

やりたいことや
心の準備があるかと思います。

年齢、準備、健康など、
妊活はいつからが適正か解説します。

妊活はいつから始めるべき?

あなたのやりたいことが終わって、
妊娠の準備ができたらです。

妊活は、いつから始めたらよい?

始めるなら可能な限り、
早く始められることをおすすめします。

加齢が原因で妊娠できないと
大きな後悔が残るからです。

女性は、生まれる前の胎児のときが一番、卵子があります。

出生時、約200万個あった卵子は
35歳には、約5万個まで減少するといわれています。

過度なダイエットや不健康な生活によって
卵子の数は、減少します。

卵子は、毎月1000個ずつ減るといわれています。

男性も同じく、35歳を境に
精子の数が減り、運動率が落ちます。

そのため、妊活を始める年齢は
早い方がよいのです。

妊娠の希望年齢より3歳早く

30歳で妊娠したい場合は、
27歳から妊活を始めましょう。

性交渉で不妊とわかるまでの時間、
体質改善や生活改善を考慮するからです。

避妊せず、定期的に性行為を行い、1年経っても妊娠できなければ、不妊といわれます。

世界保健機関(WHO)によると、不妊の原因が「女性のみ」41%、「男性のみ」24%、「男女とも」24%、であり、約半数は男性側にも原因があるとわかっています。

不妊であることがわかるまで1年が経ちます。

体質改善や生活改善で1年間が経ち、
妊娠に至る場合が多いです。

それに余裕を持って、3年間とみています。

2人目がほしいなら30代前半から妊活を

妊活をいつから始めるかは、
産みたい子供の人数によります。

20代の妊活は、ほぼ100%の確率で
妊娠に至るからです。

・30歳を過ぎると卵子の数が著しく減ります。
・35歳を過ぎると男性も女性も妊娠しづらくなります。

当院では、二人目がほしい場合は、
27歳から妊活を勧めます。

そして、年齢を遅らせた場合の
産みたい人数と妊活を始める年齢です。

  • 3人なら31歳
    2人なら34歳
    1人なら37歳

30歳から妊娠率は下がり、
35歳から流産率が上がります。

ただ、あなたに合った年齢から
始めることがベストです。

妊娠の最適な年齢をスケジュール

妊活をいつから始めるかを考えるときは、
3つのことに注意しましょう。

専門家によるアドバイス

妊活の知識と経験のある第三者の
専門家によるアドバイスをもらいましょう。

夫婦では、知識が足りずに
日を決めづらいからです。

  • 専門家は、あなたの身体の状況、生活を考慮して、最適な年齢をアドバイスできます。

ご希望でしたら、当院でもご相談できます。

いつでも妊娠できる準備をしておく

妊活をするとわかったら、
妊活鍼灸を受けて体質を整えておきましょう。

妊娠が早まる場合があるからです。

友人の出産、子供とのふれあいで「早くほしい」となることがあります。

妊活をするとわかったら、
いつでも妊娠できる身体にしておきましょう。

妊活鍼灸なら、体質を改善をしつつ、
身体のパフォーマンスもあげることができます。

TOP> > 妊活はいつから始めるべき?(治療院の症例ページ参考文章)