鬱病(うつ)(治療院の自律神経に関わる症状)

2021/07/10 (更新日:2021/07/10)

鬱病(うつ)(治療院の自律神経に関わる症状)

HP集客, サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

自律神経専門のホームページで
新患を集めてます。

うつを専門としたサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【うつ】参考文章(1,473文字)

  • 当院では、自律神経失調症で困っている方が多く来院されます。気分の落ち込みや強い悲しみ、意欲の低下などのうつ症状がある方が、少しずつ回復されています。

自律神経が乱れると、抑うつ気分として表れることがあります。

自律神経失調症とは、神経のバランスが乱れることで様々な症状が生じます。医療機関に受診し検査をするも、異常がみられないことを言います。

自律神経失調症は「うつ」の症状が出現することがあります。「うつ」とは、次のような症状のことを言います。

・睡眠障害
・食欲の低下
・意欲の低下
・疲れやすい
・悲しい気持ち
・自尊心の喪失
・気分の落ち込み
・集中力や思考力の低下

このような状態は本人も辛いし、社会生活や日常生活にまで影響が生じることがあります。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

うつの原因

自律神経失調症から「うつ」症状が出現する原因は3つあります。ストレス・生活リズムの乱れ・環境の変化が挙げられます。

主に仕事や人間関係は、過度なストレスが生じやすいです。夜更かしや昼夜逆転、睡眠不足などは、生活リズム乱れます。引っ越しや転勤、転職などの環境の変化は、適応するまでストレスが生じやすいです。

自律神経は、活動時に作用する交感神経と、休息時に作用する副交感神経があります。特に過度のストレスが加わると、交感神経と副交感神経のバランスが調節できなくなり「うつ」症状が出現します。

うつが悪化するとどうなるの?

自律神経失調症によるうつの症状から「うつ病」へ移行する可能性があります。

うつ病の場合、精神的な症状が強くなります。意欲の低下や気分の落ち込みは、著明に表れます。それと伴に、身体症状も出るようになります。

例を挙げると、食欲低下や活動の低下、自宅に引きこもり気味、などが挙げられます。社会生活も困難となり、仕事を休職するケースもあります。

症状を改善するために

自律神経の乱れで、うつ症状が出現する最大の原因は、ストレスです。ストレスと上手に付き合うことが必要です。

自分にとってのストレスは何かを考え、自分に合ったストレス発散をしましょう。
ストレスは、溜める前に発散することが大切です。

仕事とプライベートの区切りを持ちましょう。休日は仕事のことは考えずに、好きなことに熱中しましょう。身体を休めるときはやすむと、気持ちも落ち着きます。

生活リズムの乱れを防止するために、次のことを心がけましょう。

  • ・軽い運動をする
    ・ぬるま湯での入浴をする
    ・起床時は、朝日を浴びる
    ・就寝前にスマホやパソコン画面を見ない
    ・起床、食事、就寝時間を一定にし、生活リズムを整える

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。そういった方々のため、当院では施術で自律神経失調症のうつ症状を改善しています。 

快適な生活を送るために

当院では、うつ症状で悩んでいる患者様を改善しています。

意欲の低下で困っていた患者様が、少しずつ回復されました。
患者様も悩みが改善し、喜んでいました。

今後も再発しないために、予防の取り組みもしています。
辛い症状が再び起きないよう、配慮もしています。

自律神経失調症でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 鬱病(うつ)(治療院の自律神経に関わる症状)