頭痛(治療院の自律神経に関わる症状)

2021/07/12 (更新日:2021/07/12)

頭痛(治療院の自律神経に関わる症状)

HP集客, サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

自律神経専門のホームページで
新患を集めてます。

頭痛を専門としたサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【頭痛】参考文章(1,218文字)

  • 当院では、自律神経失調症で悩んでいる方が多く来院されます。頭痛やそれに伴う辛い症状で困っていた方が、少しずつ回復されています。

自律神経が乱れると、頭痛や頭が重い感じが表れます。頭の痛みから集中力や思考力が低下し、仕事などに影響が生じることもあります。

自律神経失調症とは、神経のバランスが乱れることで様々な症状が生じます。多種多様な症状が出現し個人差もあるため、自律神経失調症と判断されにくい特徴があります。

自律神経失調症では、頭痛の症状が出ることがあります。頭痛に伴い、次のような症状も引き起こしやすいです。

・吐き気
・めまい
・頭が重い
・ふらつき
・首や肩のこり

辛い症状があるも、対処法に困っている方が多くみられます。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

頭痛になる4つの原因

自律神経失調症による頭痛の原因は、ストレスが考えられます。自律神経はストレスの影響を受けやすく、ストレスが生じると症状として表れます。症状が出現している状態は、体が限界を感じているサインです。

主なストレスは、次のようなことが挙げられます。

・家庭内の不和
・将来への不安
・職場の人間関係
・荷重労働による体のストレス

ストレスにより、肩や首の緊張から血流不足が生じ、凝りが出ます。そして、頭部への血流も不足するため、頭痛の症状が出ます。この頭痛を緊張性頭痛といいます。

頭痛が悪化するとどうなるの?

緊張性頭痛はストレスが原因なので、ストレスを除去すると症状も軽減します。予後は良好とも言われています。

しかし、頭痛が継続することで、集中力や思考力の低下、イライラ、気分不快感など、日常生活や社会生活にも影響を及ぼします。

頭痛は、早めの対処をすることで、症状を改善することが可能です。

症状を改善するために

まずは、頭痛の最大の原因であるストレスを溜めずに発散しましょう。自分にとってのストレスについて、考えることも大切です。

頭痛を改善するために、次のことを行いましょう。

・ぬるま湯につかる
・睡眠を十分に摂る
・定期的に運動をする
・規則正しい生活をする
・肩や首回りのストレッチをする
・深呼吸をする(リラックス効果があります)

首や肩の凝りが頭痛の原因でもあるので、毎日のように首や肩回りのストレッチは行いましょう。継続して行うと、頭痛の予防にもなります。

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。そういった方々のため、当院では施術で自律神経失調症の頭痛を改善しています。

快適な生活を送るために

当院では、頭痛で悩んでいる患者様を改善しています。

頭痛だけでなく、凝り固まった首や肩の筋肉もほぐれます。
症状が改善し、患者様からとても喜ばれています。

今後も頭痛が再発しないよう、指導の取り組みもしています。

自律神経失調症でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 頭痛(治療院の自律神経に関わる症状)