生理不順(治療院の自律神経に関わる症状)

2021/07/19 (更新日:2021/07/19)

生理不順(治療院の自律神経に関わる症状)

HP集客, サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

自律神経専門のホームページで
新患を集めてます。

生理不順を専門としたサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【生理不順】参考文章(1,241文字)

  • 当院では、自律神経失調症で悩んでいる方が多く来院されます。生理周期が不定期だった方が、徐々に定期的に生理がくるようになりました。

自律神経が乱れると、女性の生理周期にも影響を及ぼします。生理周期が一定ではなくなり、次の生理までの期間が開く、もしくは無月経となります。なかには、不妊の原因にもなることもあります。

自律神経失調症とは、神経のバランスが乱れることで多種多様な症状が生じます。出現する症状は、個人差が著明にみられます。

自律神経失調症の症状では、生理不順が生じることがあります。正常の生理周期は、25~38日です。生理不順の詳しい状態について、お話していきます。

・自律神経失調症では、生理周期が正常よりも長くなります。
・次の生理までの期間が一定ではなく、不規則となります。
・もしくは、妊娠していないのに生理が3ヵ月以上来ないこともあります。

生理不順は、妊娠を希望する際に影響が出ます。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

生理不順の原因

自律神経失調症による生理不順の主な原因は、ストレス・不規則な生活・睡眠不足です。

とくに女性ホルモンは、ストレスの影響を受けやすいです。女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは、交互にホルモン分泌の調節をしています。

過度なストレスがかかると、女性ホルモンの分泌量が激変し、生理周期にも乱れが生じます。

生理不順が悪化するとどうなるの?

生理不順は女性ホルモンの分泌低下から、不妊と更年期症状を引き起こすことがあります。

不妊

生理不順から無月経に移行することもあります。無月経は、妊娠を希望する際に排卵を促す治療が必要となります。妊娠を希望している際には、無月経は放置せず、早めに対処しましょう。

更年期症状

女性ホルモンの分泌低下により、更年期のような症状が出現します。症状としては、のぼせ、ほてり、イライラ、動悸、発汗などがあります。

症状を改善するために

生理不順の最大の原因は、ストレスと言えます。日頃からストレスを溜めずに、発散しましょう。ストレスと上手く付き合うことが大切です。

生活習慣の見直しも必要です。規則正しい生活をするために、次のことを心がけましょう。

・適度な運動をする
・十分な睡眠をとる
・ぬるま湯に入浴する
・起床時に朝日を浴びる
・3食バランスの摂れた食事
・寝る前にスマホやパソコンを見ない

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。そういった方々のため、当院では施術で自律神経失調症の生理不順を改善しています。 

快適な生活を送るために

当院では、生理不順で悩んでいる患者様を改善しています。

生理不順と過度のストレスで頭を抱えていた患者様が改善されました。
妊娠を希望されていたこともあり、とても喜んでいました。

今後も同様の症状が出現しないよう、再発予防のサポートにも力を入れています。

自律神経失調症でお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 生理不順(治療院の自律神経に関わる症状)