腰椎椎間板ヘルニア(治療院の症例ページ参考文章)

2021/07/27 (更新日:2021/07/25)

腰椎椎間板ヘルニア(治療院の症例ページ参考文章)

HP集客, サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

腰椎椎間板ヘルニアページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【腰椎椎間板ヘルニア】参考文章(1,029文字)

  • 当院では、腰椎椎間板ヘルニアで困っている方が多く来院されます。腰痛で、長時間のデスクワークに支障が出ていた方が回復されています。

腰椎椎間板ヘルニアは腰痛だけでなく、進行すると下肢のしびれや痛みなど、その他の症状も出やすいです。軽度のうちに治療をすることが望ましい疾患でもあります。

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎の骨と骨の間にある椎骨板の組織が変性して突出し、近くにある神経を圧迫してしまう病気です。神経を圧迫することで、腰痛以外に次のような症状も出現します。

・下肢の痛み
・下肢の筋力低下
・排尿、排便障害
・つまずきやすい
・お尻から下肢のしびれ

腰痛椎間板ヘルニアでは、下半身に関連した症状が出ます。日常生活にも支障が出る症状なので、進行を予防することが必要です。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

はっきりとした原因は、分かっていません。考えられる原因は、次のことです。

・加齢
・交通事故
・遺伝的要因
・姿勢の悪さ
・腰へ負担がかかる過度なスポーツ

加齢に伴う骨の老化や同一体位の持続、普段しないスポーツを急に行うなどの要因が加わると、腰椎椎間板ヘルニアを発症しやすくなります。腰へ負担をかけないことが大切です。

腰椎椎間板ヘルニアが悪化するとどうなるの?

症状の基本は、腰痛と下肢のしびれや痛みです。進行すると、排尿・排便障害がでることがあります。具体的な症状は、次のような症状です。

・尿、便失禁
・肛門のしびれ
・尿、便が出ない
・尿が出ないことによる管(カテーテル)の挿入

治療の基本は、保存的治療です。この状態まで進行すると、手術の適応になりやすいです。

症状を改善するために

腰椎椎間板ヘルニアを改善するために、骨盤矯正をうけましょう。

腰椎椎間板ヘルニアが起きている原因をみつけます。
それから、背骨や骨盤のゆがみを施術で矯正することで、改善します。

1,2回の施術で改善はみられませんが、数回行うことで改善がみられます。
施術の治療で腰椎椎間板ヘルニアが改善し、手術を防止できます。

快適な生活を送るために

当院では、腰椎椎間板ヘルニアで悩んでいる患者様を改善しています。

治療は、早めに行うことで進行を防ぎます。
悪化する前に、治療を受けましょう。

腰の痛みで家事や育児に支障が出ていた方が改善されました。
今後、再発予防の指導も受け、とても喜ばれていました。

腰椎椎間板ヘルニアでお困りの時は、当院へご相談ください。

TOP> > 腰椎椎間板ヘルニア(治療院の症例ページ参考文章)