治療院は症状名で上位表示できない(対策を用意しました)

2021/08/21 (更新日:2021/08/21)

治療院は症状名で上位表示できない(対策を用意しました)

HP集客, SEO

  • SEO中級者向け記事です。肩こりや腰痛などの症状キーワードで治療院のホームページが上位表示できなくなってきました。さらに将来では、どうなるのか予測を書いたものです。

こんにちは。さこまです。

治療院のホームページをSEOで
新患50名を集客しました。

SEOを始めて10年を過ぎました。

GoogleのYMYLで治療院のホームページは上位表示しづらくなりました。

YMYLとは、人の命や人生に関わることは、
専門家や権威性がないと上位表示できないことです。

詳しくは、こちらで解説してます。

【必読】Googleの健康アップデートを治療院用に解説(YMYL)

YMYLが導入されたときは、
治療院ホームページは上位表示できました。

しかし、2018年あたりから症状に関わるキーワードでは、
治療院は上位表示しづらくなってます。

肩こりや腰痛など、単品キーワードでは、上位表示できない状態です。

これからどうなるのか?そして、
新しい対策を解説します。

治療院は症状名で上位表示できない

YMYLになり、検索結果がどのような状況か解説します。

すでに肩こり、腰痛では上がらない

肩こりや腰痛といえば、接骨院・整骨院が
対象とする代表的な症状名です。

YMYL導入前の検索結果は、
このようなサイトが並んでいました。

・個人のアフィリエイトサイト
・個人の日記
・整骨院やマッサージ
・中小企業のポータルサイト

病院がSEO対策をしても
下手だったので上位表示できませんでした。

サイトをつくることがうまい
個人や企業が上位表示してました。

そして、YMYL導入後は、
このような検索結果になりました。

  • ・病院
    ・医療法人
    ・製薬会社
    ・医師会

個人のアフィリエイトサイトが自分の利益のために、
「病気にサプリが効く」など、過剰な営業をしたためです。

専門性があり、権威性がある、社会的に信頼されていると
上位表示できる仕組みに変わりました。

複合キーワードまで占領されている

2020年まで、複合キーワードは、
色々な業種のサイトが上位表示できました。

といっても、医療系のサイトが上がりつつありましたが、
個人や中小企業のサイトが表示されてました。

2021年になり、「症状名+〇〇」の複合キーワードまで医療系のサイトが上がりやすくなってます。

たとえば、Googleでよく検索される
複合キーワードがあります。

このようなキーワードです。

肩こり
肩こり解消
肩こり ストレッチ
肩こり 頭痛
肩こり マッサージ
肩こりネックレス
肩こり薬
肩こり 原因
肩こり マッサージ機
肩こり 枕

検索順位の上位10サイトのうち、
6~7割が医療系で占められてます。

かろうじて、残った枠をこのようなサイトが入ってます。

  • ・Youtubeチャンネル
    ・楽天ショップ
    ・中小企業ポータルサイト

ただ、そう遠くない将来には、
検索から消える可能性は高いです。

「地域名 症状名」で上位表示できなくなる

症状名の単品キーワードと症状名が入る複合キーワードが
抑えられた次の懸念は、「地域名+症状名」です。

「地域名+症状名」は、集客しやすいキーワードです。

2021年では、治療院ホームページとポータルサイトがトップ10を占めています。

しかし、そう遠くない将来に治療院は消え、
病院が並ぶ可能性は高いです。

すべての症状に関するキーワードが徐々に
病院に取られていく未来で治療院はどのようにすればよいのか?

将来に備えた3つに対策

症状に関するキーワードで上位表示できなくなる未来で
治療院がするべきことは、この3つです。

PPC

SEOをやめてクリックされると
課金される
Google広告を始めることです。

もしSEOの世界で症状名が医療だけになったとしたら、
PPCもなる可能性が高いとみてます。

PPCは、クリックされると課金されるオークション形式です。資金を投じた会社が上位に表示されます。ということは資金力のある会社が有利なのです。

病院は、資本があります。
収益も治療院より多いです。

さらに最近では、病院が分院展開をする動きがでてます。

PPCで勝負ができるのも、
まだ十数年はいけると思います。

SNSでファンを増やす

一番の解決策になるのは、SNSです。

「病院で治らなかった」と不満を持った方が
SNSでよい評判を聞いて、来院する流れです。

数年、数十年先のためにどのSNSでもよいので、登録者やフォロワーを数千、数万人をつくっておきましょう。

SEOで集客できなくなったとき、
個人には、SNSが一番よい集客ツールになります。

まだ上位表示できるキーワードを狙う

数年、数十年は、SEOで集客はできます。
そのうちはやっておきましょう。

代表的な症状名は上位表示できなくても、
さらに細かい複合キーワードは上位表示できます。

3つ、4つの複合キーワードやGoogle検索トップ10に載らないようなマイナーなキーワードです。

治療院がSEOで勝つカギは、ここにあります。

上記、重要なこと伝えましたからね。

これからのSEOはこれです。

TOP> > 治療院は症状名で上位表示できない(対策を用意しました)