SEM(サーチエンジンマーケティング)とは【徹底解説】

2021/09/08 (更新日:2021/09/10)

SEM(サーチエンジンマーケティング)とは【徹底解説】

HP集客

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

SEMとは、どういう意味ですか?

SEO対策をしているとたまに耳にする言葉です。

SEO対策は、検索エンジンで上位表示するための方法です。
SEMは、上位表示してクリックされるための方法です。

  • SEMをした方がSEOにもよい影響がある!

クリックされて、みられるホームページは、
さらに上位表示しやすくなります。

トップ10に入って、SEMをすると、
1~3位に入りやすくなるという感じです。

SEM対策は、シンプル!

タイトル、説明文、URLや日付で対策します。

難しいことはないので、わかりやすく解説します。

SEM(サーチエンジンマーケティング)とは

ホームページが上位表示したら、
すぐに行った方がよい対策です。

SEMとは

検索結果に表示される情報を最適化し、
反応を取るためのマーケティングです。

検索エンジンでは、クリックされるために行われます。

  • SEM(Search Engine Marketing:サーチエンジンマーケティング )とは、Google検索で表示される、Google広告、SEO、Googleマイビジネスなど、タイトルや説明文などを編集し、顧客を誘導するためのに行います。

わかりやすい例で検索エンジンに10件が表示され、
魅力的なタイトルを付けるとクリックされます。

このような対策でよい見込み顧客を獲得します。

SEMはこのように対策する

Googleの検索結果を例にSEMができることを解説します。

たとえば、検索するとこのように表示されます。

対策できるのは、赤枠の部分です。

・URL
・タイトル
・説明文
・みられる記事

文言を編集して、クリックされやすくします。

SEMは、SEO対策もなる

SEM対策は、クリックされやすくなるので、
SEOにもよい影響をもたらし上位表示しやすくなります。

間接的にSEOにもよい影響があるのです。

Google検索では、1ページで10件のウェブサイトが表示されます。魅力的なタイトルを付けて、1番クリックされるようであれば、ランキングは徐々に上位に上がっていきます。

10位だったホームページがSEMをしたら、
1位になったという話は少なくありません。

10位以内に入った後にできる
最適な対策は、SEMといえます。

SEM対策(上位10位に入ったらここを対策すべし!)

一番重要なのは、タイトルです。

効果の8割は、タイトルといって間違えありません。

タイトル(Title)

魅力的なタイトルは、
他のタイトルからパクった方が早いです。

考えても、悩んでもストックがなければ、
よいタイトルは浮かびません。

他のキーワードで検索して、出たよいタイトルを
治療院向けな言葉に変換して使うのです。

「SEO SEM」で1位を獲得したときの話です。10位以内に入って、なかなか1位になることができませんでしたが、過激なキャッチコピーが流行っていた時代で「SEOはSEMにつぶされる」というタイトルにしたところ、1カ月以内で1位になりました。

クリックされやすいタイトルは、他業種の
キャッチコピーやSEOタイトルを持ってきましょう。

説明文(Description)

説明文は、タイトルに目が引かれた後に
数秒だけ読まれやすい部分です。

読みたいこととマッチしているかの
確認を取るために読まれます。

ユーザーにとって、クリックは労力は大きいことです。クリックして、ホームページが開かれるまで数秒待ち、文章を読みます。意識がオフなときは、その労力が大きいのです。間違えたページに行きたくない意識が働くので、説明文が読まれます。

キーワードにマッチしたことが
説明されていることを解説しましょう。

  • 注意点は、説明文で結論を書かないことです。

ホームページに訪れなくなるからです。

なるべく最新の更新日

日付は、公開された日もしくは、
更新された日が掲載されます。

ニュース的な情報であるほど、
日付は最新な方がよいです。

ニュースは、数日で出来事に進展があります。3日前なのか、7日前なのかの日付で読まれなくなることもあります。また、ノウハウでも2021年に書いたものなのか、2012年に書いたものなのかで見るか見ないか変わります。

日付は、よくみられる記事ほど、
3ヶ月1回~年1回は更新をかけておきましょう。

TOP> > SEM(サーチエンジンマーケティング)とは【徹底解説】