ホームページのベストレイアウトは?(1カラムか2カラムか)

2021/10/21 (更新日:2021/10/21)

ホームページのベストレイアウトは?(1カラムか2カラムか)

HP集客

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

ホームページのサイドバーありとなしのどちらが集客できますか?

成約率に特化するならサイドバーなしの
シングルカラムがおすすめです。

情報を吟味してから来院してほしいなら、
サイドバーありの2カラムです。

  • モバイルファーストのスマホ時代、シングルカラムが優勢!

スマホ登場前は、ホームページといえば、
サイドバーありの2カラムでした。

最近では、パソコンユーザーを捨てて、
シングルカラムでスマホサイトだけつくることもあります。

モバイルを中心とするウェブ環境に閲覧しやすい形とは?

スマホユーザーを集客しやすい
最高のレイアウトとはなにかを解説します。

ベストなホームページレイアウトはどれか!?

カラムは、3つあります。

  • ・1カラム
    ・2カラム
    ・3カラム

解説します。

1カラム(シングルカラム)

一連の流れで情報を1つずつ与える
スマホに合う形式です。

サイドバーがないので、
情報量が多くならず成約率が上がります。

1つの情報しか与えないので
情報量を減らして、成約率に特化できます。

商品を販売するランディングページや
たくさんの情報を掲載できないスマホサイトに合います。

2カラム

メインの情報を与えつつ、
他の選択肢も与える形式です。

サイドバーが1つあり、
ユーザーがほしい情報を探せます。

ホームページでは、一番使われる形です。

パソコンサイトでも支えて、レスポンシブ
ウェブデザインにすれば、スマホも対応します。

3カラム

たくさんのページを訪問してもらう
情報サイトに多い形式です。

サイドバーが2つあり、
メインで情報を1つ流す形です。

メディアサイトや情報発信者向けです。

サイドバーが2つあるので、
情報発信するメイン部分が少ないです。

しかし、サイドバーで移動できるページ数が
多いことからアクセス数は増えやすいです。

ホームページベストレイアウト

公開されたいページ数と情報の発信頻度で
1カラムか2カラムか変わります。

パソコンは1か2カラム

情報の発信量でカラム数が変わります。

頻繁に情報発信して、見てほしい情報が
たくさんあるなら、2カラムです。

あまりブログを書かず、
PPC頼りなら1カラムがベストです。

情報をたくさん発信して、サイドバーに情報があれば、ユーザーは見たいページを楽に見つけられます。各ページアクセス数も増えるのでとても良い効果を発揮します。

  • 情報発信がないのにサイドバーがある2カラムだとホームページが淋しい感じを与えます。サイドバーが活用されないのにあるとメインの情報の幅を取るだけなのでない方が成約率を上げます。

また、求人や専門性のある症状も1カラムの方が
迷わせず、集客に成功することが多いです。

スマホは、1カラムが最適

画面の横幅が少ないスマホでは、
与えられるのは1つの情報のみです。

レスポンシブウェブデザインのときは、
ホームページ情報を1つにまとめる方が好まれます。

パソコンでたくさんの情報を与えることと、スマホの小さい画面で複数の情報を与えることは全く異なります。小さい画面に情報が複数あるとユーザーを混乱させます。

スマホは、指でスクロールとタップをします。

上記の文章の通り、スマホで求められていることは、
シンプルであることです。

情報は、分割させない方が成約率が上がることは証明されてます。

  • スマホサイトなら1つの情報を与えること。
    パソコンサイトならメインの情報とサイドバー情報を与えること。

シンプルにきれいにまとめれば、
よい結果は産まれます。

TOP> > ホームページのベストレイアウトは?(1カラムか2カラムか)