【静止画VS動画】動画の反応率が圧倒的に高い理由

2021/10/26 (更新日:2021/10/26)

【静止画VS動画】動画の反応率が圧倒的に高い理由

HP集客, PPC

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

静止画と動画のどちらが成約率が高まるのか?

広告において、静止画より動画の方が
反応率が高いことが証明されてます。

また、人々は静止画と文字よりも動画を好む傾向にあります。

  • ・動画視聴時間は、5年で4倍に増加!
    ・Youtubeに毎月20億人がログインしている!
    ・Youtubeの1日あたり10億時間を超え!
    ・日本の77%の人々がYouTubeを利用!
    ・10代の98.0%がYoutubeを視聴している!

また、最近ではTiktokがYoutubeの再生時間を
超えたということもあります。

インターネットの流れは、動画にあるのです。

動画には、高いコンバージョン率を達成する可能性があります。

データを含めて解説します。

動画の反応率が圧倒的に高い理由

動画の時代が始まってます。

統計をみると動画を中心に経済が動いてます

ニーセン社の調査では、2015年6月~2019年6月までの
5年間で1人あたりのスマホ動画視聴時間は約4倍に伸びました。

Digital Trends 2019上半期:ニーセン

1日あたりのスマホの平均利用時間は、3時間5分です。

若年層の月間の動画視聴時間は1年間で約2時間増加:ニールセン

Youtubeは、毎月20億人がログインし、
1日あたり10億時間を超え、視聴回数は数十億回に上ってます。

YouTube about プレスルーム

日本のYoutube利用率は77%です。

YouTubeの日本の利用率は77%とGoogleが発表(2016年調査結果):Web担当者Forum

若者と年配の違いでは、60代は94.7%がテレビ視聴に対して、
20代は、69.2%が動画配信サービスを利用し、
10代の98.0%がYoutubeを視聴してます。

動画視聴に関する利用実態調査:MMD研究所

人々が動画にものすごく、魅了されていることがわかります。

日本の広告費は2019年にネットが1位に

1年間で使われた日本の広告費では、
インターネットが1位を取り年々上昇してます。

新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、インターネットが
日本の広告費でトップに躍り出てます。

2018年のインターネットは、17,589億円でテレビは、19,123億円でした。
2020年はインターネットは、22,290億円でテレビは、16,559億円となりました。

日本の広告費の推移グラフ(2020年まで)電通の調査:メディアレーダー

インターネットの広告費は伸び続けてます。

広告費が下がっているのは、テレビだけではありません。
新聞、雑誌、ラジオも下がっているのです。

毎年、広告費を伸ばしているのは、
インターネットだけです。

おすすめは、動画配信と動画広告のスタート!

動画は早い段階で始めた方がよいです。

ブログより動画

治療院では、ブログを書いているより、
Youtube動画をあげてる方が集客がうまくいってます。

ブログは、埋もれやすく
動画は、ニッチな市場が空いているからです。

肩こり、腰痛などの全般を対応した治療院でも、特定の症状を対象とした治療院でもYoutube動画によるよい反応は取れています。再生回数と登録者数の少なさから始めること、続けることを困難だと感じる方が多いですが、続けている方の成果になっている率はブログより高いです。

ブログ記事でSEOを取ることは難しいですが、
流動しやすい動画ではおすすめに出やすいです。

新規参入者でもうまくいきやすいようになってます。

広告でも静止画より動画が勝利

Yahoo!がYahoo!ディスプレイ広告で静止画と動画で
どちらが反応率が高いか調査されたことがあります。

動画が圧倒的に勝利しました。

・クリック率が高い
・コンバージョン率が高い(成約率)
・獲得単価が低い

YDA、教育・ファッション・金融業界では動画のCVRが静止画より高い傾向に【リチカ・RC総研公開】:Yahoo!ニュース

動画という市場に参入しづらいということは、
有料動画はもっとブルーオーシャンになっているわけです。

検索エンジンのPPCより、単価が安くよい結果になる可能性があります。

無料動画と有料動画の二刀流!

無料動画だけで勝負する治療院が多いですが、
混信の動画をつくり、有料動画もやるべきです。

アプローチを増やして、顧客を広げるためです。

動画広告もターゲットを絞ることができます。登録者、視聴時間が伸びれば、もしかしたら一発当たるかもしれません。

無料動画は、時間がかかります。

PPCにお金をかけているなら、
有料動画をご検討ください。

TOP> > 【静止画VS動画】動画の反応率が圧倒的に高い理由