【友だち割の代償】失敗しかない知人がつくる安いホームページ

2021/11/10 (更新日:2021/11/10)

【友だち割の代償】失敗しかない知人がつくる安いホームページ

HP集客

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

「友だち割でお願いします!」

ホームページやコンサルは、
原価が安そうなので
友だち割をお願いしやすいです。

治療家の「悲惨だな」と思うことは、他業種の人に
自己紹介をすると「肩が痛くて」といわれることです。笑

これは治療家あるあるのようですね。笑
「へー、そうなんだー。」で流すと聞いたことがあります。笑

  • 友だち割をお願いする理由は、安くなるから!

率直に言いますがともだち割をお願いする人は、
経営センスがないのでそもそも事業をやめた方がよいです。

なぜなら、見えない損害が両者にあることに気づいてないからです。

大きな損が見えずに小さい得を取るのです。

経営をこれから始めようとする方に多いと思います。

どのような見えない損害があり、
なぜ友人にお願いしてはいけないのか解説します。

なぜ、友だち割は失敗するのか6つの理由

とあるコンサルタントがこのような名言を残してます。

  • 「友だち割をお願いしてくる人は、だいたい友達じゃない。」

ホームページ会社の損害

ホームページ1件あたり、35万円の損害となります。

正確に計算すれば、もっと大きな損害です。

50万円のホームページをつくり、35万円が利益だとします。年間の制作上限が50件だとしましょう。友人のホームページで1件の枠を使うのでホームページ会社は上がるはずだった35万円の売上はなくなります。さらに1人の顧客枠がなくなり、年間の管理費用も友だち割で入ってこないなら合計42万円の損害となるのです。

「でも、年間50件の枠を使い切ってない人なら、
そんなに損害金は出ないのでは?」

と思われるかもしれませんが、
枠が埋まっても埋まらなくても1件分の収益は消えるのです。

  • 友だちは35万円が浮き、ホームページ会社は35万円の損害となります。

自分の事業をするのに「始めたばかりだから」
という理由で他人の犠牲を払うのは周りがみえてないです。

ともだち割を頼む人は知っておくべき
ホームページ会社の損害です。

制作期限が遅延しやすい

安いので制作を後回しにされるのです。

また、悲惨なのは後回しにされても、
安く制作してもらっているので文句が言えないことです。

クオリティの高いものをつくる人ほど忙しいです。忙しい人は、制作スケジュールが平常で2,3ヶ月先まで埋まります。その中に友だち割をして、安くつくるホームページを優先することはできません。高額なホームページ、納期を早めたい顧客、制作が完了したあとに次のホームページをつくる人がいます。

正規のお金を払っている人が落ち着いたら、
友だち割のホームページ制作に入ります。

本来なら1,2ヶ月で完成するものが、
4カ月、5ヶ月と時間がかかるのです。

「制作期間が2、3ヶ月ぐらい遅れるても大丈夫!」

という人は経営センスないです。

制作の遅れによる損害

2ヶ月、3ヶ月の制作の遅れは、
売上でいうと120万円の損害になりえます。

売上の上がらない1カ月の売上ではなく、
売上が上がるはずだった1カ月で計算するからです。

わかりづらいかと思いますので、
下記、まとめました。

【損害が少ないと思う人】
1カ月目:新規2名
2ヶ月目:新規3名
3ヶ月目:新規5名

合計10名で回数券4万円で40万円の損害

普通に考えて、3ヶ月の遅延で40万円の損害となるわけです。

しかし、実際はそうではありません!!

  • 【実際の損害は集客成功の月で計算する】
    1カ月目:新規10名
    2ヶ月目:新規10名
    3ヶ月目:新規10名

    合計30名で回数券4万円で120万円の損害

なぜ、このような計算になるかというと、
新卒と定年の給料の例えがわかりやすいかと思います。

1年間の留年をして社会人になった方は、年収300万円なら1年間で留年しなければ入った年収300万円が損害だと思うかもしれません。実際は、定年するときにもらうはずだった最後の1年の年収がなくなるので、定年間近で年収1000万円なら留年の損害は1000万円となるということです。

制作期間の3ヶ月の遅れは、
かなり高額なホームページに匹敵するのです。

友情にヒビが入る

制作期間が遅れ、いつ完成するかわからず、
友人との関係性が悪くなるのです。

本当は友人のサービスは、とてもよいかもしれません。

サービスの質を悪くしているのは、友だち割です。

友人は、納期も守られるもしれません。制作するクオリティも高いかもしれません。しかし、制作する側は「安くつくっているから」という理由で納期が遅れます。クオリティが下がるかもしれません。友人のサービスクオリティを疑います。

最終的にもめるケースは少なくありません。

妥協されてホームページクオリティが落ちる

ホームページ制作のモチベーションは下がり、
よいものをつくる意欲がなくなります。

制作途中では、面倒なことがあれば、妥協されます。

理由は、「安くつくっているから」

クオリティの落ちたホームページは、
素人にはわからないところで不具合があるかもしれません。

SEOの設定がされていないなどです。

「お願いしなければよかった」と後悔する

半年から1年の月日を費やし、思ったものはできず、
一般のホームページ制作会社にお願いするのです。

このようなケースで申し込みされる方は、
年間に数名いらっしゃいます。

友人関係が戻るようフォローはしてます。

友だちと起業しない方がよいといわれますが、
同じで友だち割をしてホームページはつくらない方がよいのです。

TOP> > 【友だち割の代償】失敗しかない知人がつくる安いホームページ