【SEOとMEO独占】徹底的に顧客の目に触れる宣伝戦略

2021/11/12 (更新日:2021/11/12)

【SEOとMEO独占】徹底的に顧客の目に触れる宣伝戦略

HP集客, PPC, SEO

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

新患30名を超えるにはどうしたらよいでしょうか。

新患5~15名を目標としているときと、
30名を超えるときは、戦略が異なります。

新患30名を超える治療院は、
徹底的に患者様の目に触れています。

  • 「どこを調べても、先生の院が出てくる。」

顧客からこのような言葉をもらったときは、
地域の認知度が急激に上がっているときです。

これは、意図的につくりだすことができます。

10年前、5年前、今では戦略が違います。

どのような方法を取っているのか
具体的に解説していきます。

徹底的に顧客の目に触れる宣伝戦略

顧客に治療院の名前を見せた回数が
知名度と好感度に変わります。

下記のような方法で
治療院の名前を広められます。

SEOとPPC

Google検索では、広告と
Googleマップと検索結果と
表示されます。

下記のように赤が広告で緑がマップで
青が検索結果です。

  • 広告は、4件表示されます。
    マップは、3件表示されます。
    検索結果は、10件表示されます。

3か所同時に掲載することもできます。

MEOとマップ広告

Googleマップにも広告とMEOがあります。

赤がマップ広告で緑がMEOの結果です。



【拡大版】

  • MEOは20件表示されます。

SEOと同じく広告もMEOも表示できます。

SEOの検索結果は10件

SEOは、10件のうちホームページは
最大2件の表示が可能です。

また、残り8件にもアプローチできます。

主に上位表示しているポータルサイトで対策を取ります。

複数のポータルサイト内で上位表示し、
事実上の独占をするのです。

認知度が急激に上がる徹底的な対策

「どこをみても先生の治療院が紹介されている」は、
こうやってつくります。

SEOと検索連動型広告

SEOは、症例ページとブログで上位表示し、
検索連動型広告を月5万円で出します。

これでSEOもPPCも表示されます。

整体院、症状名、ちょっとした症例に関することを検索したときに、症例ページとブログがSEOで上位表示して目に触れ、SEOで上がっていないところをPPCで補うことができます。

SEOとPPCで表示されれば、
1ページで2回もみることになります。

これだけでも認知度はかなり上がりますが、
新患10~25名ほどです。

MEOとローカル検索広告

MEOで1位を取り、ローカル検索広告で
常に1番目に表示しておきます。

ここでも広告とMEOのダブル表示で
認知度と好感度をあげておきます。

検索結果でも目に触れ、Googleマップでも見たら、「ここにしようかな。」という気にさせることができます。

SEO、PPC、MEOとMEO広告で成功して、
新患30名前後という感じです。

ポータルサイト

「整体院」で検索したときに出てくる
ポータルサイトでよい地位を取っておきましょう。

有料化やコメント合戦に勝利し、
ポータルサイト内でその地域で1番になる感じです。

  • ・エキテン
    ・ホットペッパー
    ・EPARK

上記、3つはよく上位表示されています。

有料化や対策を取っておけば、
検索結果の10件のうちさらに3つを独占できます。

エキテン、ホットペッパー、EPARKのどれを見ても、
先生の治療院がよい評価で掲載されていれば、他は選択肢でなくなります。

これが新患50名を超えている治療院の戦略です。

TOP> > 【SEOとMEO独占】徹底的に顧客の目に触れる宣伝戦略