【このような方】お断りさせていただくことがあります

2022/04/08 (更新日:2022/04/08)

【このような方】お断りさせていただくことがあります

HP集客

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

ホームページ制作は、すべての方を受け入れてません。

高い制作クオリティを維持するために
デザイナーやエンジニアのモチベを大事にしてます。

ミッシェル・グリーンのルールを守れない方は、
ご契約のお断りや解除をする場合があります。

もちろん、今まで紹介で成り立っているだけあり、
無責任な途中解除は致しません。

両者のためにお断りしてます。

我々の仕事を完了するという責任のため、
先生が不幸にならないためにお断りする場合があります。

依頼者と制作者の相性が悪いのに、
つづけることは両者にマイナスだからです。

このような方は、お断りしてます。

お仕事は、困っている方がいるので、
なるべく受けたいと考えてます。

しかし、このような5つの例では、
両社に不利益になるため制作前にご検討ください。

【このような方】お断りさせていただくことがあります

すごい忙しい

忙しくて、何がしたいのかわからず、
とりあえず、目の前のことをやっている方です。

やりたいことが明確でないため、繰り返しの修正や
制作のやり直しが起こりやすいからです。

忙殺という名前だけあり、仕事に追われて、心が殺されている状態です。忙しいとは、心を亡くすと書きますが、さらに忙しい方が忙殺です。みんな多少は忙しいです。しかし、毎日のスケジュールに追われ、やりたいことができていない方がホームページ制作を始めることは危険です。

ホームページが完成したときに
思っていたものと違った感想を持ちやすいです。

思っていたものは、忙しくて考えられず、
出てきたデザインをみて、初めて考え直すからです。

事業失敗直後

店舗展開、治療院とセミナー事業拡大で
失敗した直後は、方向性が定まらないからです。

一度、方向性をまとめてから始めましょう。

ホームページ制作で心機一転!新たな気持ちで切り替えながら、ホームページ制作をすることは素晴らしいことです。しかし、自分自身のなかで反省や新しい方向性の決定ができていないと、企画段階でやり直し回数がすごく増えます。

ホームページ構成が完成したと思ったら
「やっぱりこっち!」と進まない状態です。

自分自身のなかで整理をつけてから、
ホームページ制作を始めましょう。

必要なのはマーケティングではなく、心のケアです。

アイデアマン

すごい可能性のある方です。

新しいアイデアでやりたいことが色々ある方です。

アイデアマンもホームページ制作が進まないのです。

1つ進むごとに新しいアイデアがわき、機能を追加します。また、その機能を追加したときには新しい機能の追加を希望します。これを繰り返し、いつまでもホームページが完成しません。アイデアマンは、資金循環が悪い傾向にあるため、無料では行いますが、費用がかかると手を出しづらくなります。

アイデアマンは、行動力のある方と組むと大成功します。

私は頭脳・戦略派で行動派ではないのでおすすめできません。

アイデアマンは、フリーランスのデザイナーが合います。

安くつくりたい

ランサーズのようなクラウドワークスの
個人のデザイナーに依頼した方がよいです。

ミッシェル・グリーンは、集客ノウハウや
高度なシステムを売るので安くないからです。

3万円、5万円、10万円でかなりきれいなホームページをつくる方々がいます。副業や主婦の在宅ワークです。デザイナーとして活躍して、小銭稼ぎに行ってます。彼らは、安く仕事を請け負うので、ホームページを安くつくりたいときは、私よりもクラウドワークスで予算からデザイナーを探した方がよいです。

治療院業界でホームページ制作を10年以上、
やっているため、それなりのノウハウがあります。

そのため、安売りをしておりません。

他業種

治療院専門でホームページ制作をしているので、
多業種のホームページ制作はお断りしてます。

両者にメリットがないからです。

率直な感想になりますが、他業種のホームページを制作することがめんどうなのです。先生の視点では、その業種のことを知らないので、業界のことを話さなければなりません。その業界のノウハウも持ってません。0から伝えるのは結構大変です。私も聞くことが大変です。笑

歯科なら歯科の専門、不動産なら不動産の専門に
頼んだ方が両者によいのです。

どちらも余計に時間をつかわなくて済むからです。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > 【このような方】お断りさせていただくことがあります