ホームページ管理会社を転々とされている方へ(いつかみつかります)

2022/06/02 (更新日:2022/06/02)

ホームページ管理会社を転々とされている方へ(いつかみつかります)

HP集客

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

「今まで、5社以上を転々としている。」

ホームページ管理会社を半年~2年に1回のペースで、
5社以上を変えても
定着する会社がないと、問題があります。

会社を変える度に人間関係を構築できませんし、
治療院の歴史を知らないのでノウハウもたまりません。

  • 10年以上、付き合いが続くと阿吽の呼吸(あうんのこきゅう)になるからです。

「ここをこうしてほしい!」「このようなことをしたい!」

先生がどのような人間性かわかっているので、
パートナーのようにやりたいことを理解してくれるからです。

ホームページ会社も付き合いが長い顧客ほど、大切にします。

100人に1~2名ペースでいらっしゃいます。

今までホームページ会社からされた対応や
今後の対策をまとめました。

よろしければ、ご参考くださいませ。

ホームページ管理会社を転々とされている方へ

前職で断わられた先生

2015年に出会った先生は、
K社から乗り換えの相談がありました。

なんと、その方は私が前職のときに、
会社の中で断りを入れた先生だったのです。

個人のデザイナーから断られ、前職に相談がありました。私とは別のスタッフが対応をしたところ、ホームページやコンサルのフローチャートやその他のサービスにない資料を求めるようになり、面倒であるため、断ることになりました。その後、別の会社でサービスを受け、ミッシェル・グリーンに「K社から移動したい」と相談がありました。

業者を転々とされている方は数%おります。

同じ地域の治療家で飲み会があると、
「〇〇さん、そちらでも断れたんですね」

という会話を耳にします。

このような方は、どの業界にもいるようです。

ホームページ管理難民

仕事を断れると傷つくかと思います。

相手から拒否されている感覚になるからです。

・業者から対応を面倒がられる
・依頼を受けてもらえない
・他社を勧められる
・コミュニケーションを受け入れてもらえない
・対応する人みんなとうまくやっていけない

ときには、自分自身が間違った人間
なのではないかと思ってしまうかもしれません。

転々としている方の特徴

ここが重要です。

このような方は、人間性というより、
それが正しいと思っているだけなのです。

なぜなら、そう教えられたからです。

・本音を伝えることができない
・自分の弱みを打ち明けられない
・悪いのはいつも業者だと思っている
・自分自身を変えられない
・対応が間違っていないと思っている

昔からの治療家に多い特徴です。

そのように対応することが正しいことだと、
教えられたことをやっているだけなのです。

ホームページ会社を転々としないようにするには?

これを直す方法もあります。

人が特定のことを反射的に動いてしまうのは、
過去の経験がきっかけだからです。

そのためには、自分が引き起こした
現実を受け入れなければなりません。

  • 人々から出てくる言葉や態度は自分が出した言葉と行動の結果だからです。

しかし、すぐに受け入れられることではありません。

無理をせず、目の前にあるできることを
1つずつ行うことがよいかと思います。

相棒となる1社を探す

転々としながらも、いつか出会える
パートナーをみつかるまで探し続ける!

転々とする会社に迷惑がかからない方法があります。

それは、申し込み前に社風に共感できるかを
よくみておきましょう。

「ホームページ会社を転々として、困っている方の最後の受け入れ口になります。」という理念を持った会社を探してみましょう。もし、みつかったならゴールです!

クチコミや紹介に頼らずに、制作会社の理念を
ホームページでみて、選択しましょう。

相手の理念で受け入れてもらえるか?

管理会社を転々としている先生は、
選択する側ではありません。
選択される側です。

なぜなら、断れる側だからです。

ただ、断れるのは相手の理念に合っていないだけです。

たとえば、ミッシェル・グリーンは、
このような先生をサポートしてます。

  • 「技術があり、有能な先生をさらに発展させる。」

技術があるけど、集客できない先生を助けてます。

経営が長くつづいていたり、申し込みの多い会社は、
会社に芯のある理念を持ってます。

自分自身が共感できるか?ではなく、自分自身を受け入れてもらえるか?

この視点で申し込みましょう。

先生が選択するのではなく、
相手の理念に選択されるのです。

先生が相手の理念に合うなら、受け入れてもらえます。

自分で管理をする

人とうまくできないなら、
思い切って自分でやってみることです。

大胆なホームページ集客活動をやめて、
できる範囲でやっていく方法です。

転々として、受け入れてもらえないなら、「文句を言わずに管理だけしてもらう」または「自分で多少の技術を身に着け、管理する」しかありません。

このような選択の場合は、ホームページ集客より、
SNSなど、個人戦略で活動することです。

  • ただ、私はあきらめずにパートナーを探した方がよいと思ってます。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > ホームページ管理会社を転々とされている方へ(いつかみつかります)