【売上UP】ランディングページ制作とは(治療院の施術を売ること)

2021/03/03 (更新日:2021/03/03)

【売上UP】ランディングページ制作とは(治療院の施術を売ること)

ランディングページ

こんにちは。さこまです。

治療院のランディングページを制作し、
月400万円ほどの売上ました。

産後のランペ(ランディングページ)では、
新患30名を集めました。

ランディングページとは、なにですか?

販売に特化したページです。

アクセスの集まっているホームページは、
ランディングページによって、売上が上がりやすいです。

  • 10~30万円の売上は上がりやすく、
    100万円を超えることもあります。

ランディングページは、主に
セミナー、コンサル、教材販売でみかけます。

しかし、治療院もやり方によっては、
集客を増やす最高のツールです。

初心者でもわかるように解説します。

ランディングページ制作とは

1つの商品を1ページで
魅力を最大限に伝えるページです。

ランペとは、セールスするページ

ランディングページは、商品を売ることに
特化した1ページの縦長のデザインされたページです。

1ページで1つの商品だけセールスします。

ランディングページ(Landing Page)を
省略して、LPやランペと呼びます。

Landing(着地)するPage(ページ)です。
広告からランペに飛んできて、商品を購入されます。

ランペは、商品の営業をするので
セールスページとも呼ばれます。

ランペから他のページへ飛び先はありません。

  • 【選択肢は2つ】
    ▶購入か?
     離脱か?

1つの商品の魅力を伝えて、
高い成約率によって販売を促進します。

成約率アップで売上アップ

ランペは、成約率を上げるので
売上を上げやすいです。

1ページで1つの商品しか紹介しないので、
成約率は上がりやすいからです。

  • 【治療院例:ランディングページ】
    ・むち打ち
    ・産後骨盤矯正
    ・腰痛

上記、3つはランペ依頼が多いです。

むち打ちは、最近は減りましたが、
2012~2015年あたりはよくありました。

産後骨盤矯正は、今でも
よく依頼があります。

2018年を過ぎて、
腰痛のランペ依頼が増えてます。

自費に特化する治療院が増えたからでしょう。

このようにランディングページは、
症状別に集客しやすい傾向があります。

メリットデメリット

メリット
  • ・成約率が上がる!
    ・価値が伝わりやすい!
    ・伝えたいことが伝わる!
デメリット

・制作コストが高い。
・つくるのに手間がかかる。
・アクセスを集めない。

制作コストは、安くて5万円で
高くて80万円を超えます。

情報量=制作コストになります。

縦長であればあるほど、
文章を用意することが大変です。

ランペは、SEOで上位表示しないので、
ブログやPPCからアクセスを集めます。

以上のように、ランペはよい点もありますが、
コストはかかり、それなりの手間もあります。

ランディングページ事例

ランペも進化して、色々な形が出ました。

  • ・ランディングページ型ホームページ
    ・ランディングページ型症状ページ
    ・純粋なランディングページ

いずれも事例をご紹介します。

ランディングページ型ホームページ

トップページをランディングページのように
縦長にして治療院の魅力を伝えたページです。

トップページが一番、アクセスが集まるので、
トップページで成約させるために開発されました。

事例:ランディングページ型ホームページ
※実は2011年に私が開発しました。笑

「ランペとホームページを合体させたら、
すごい成果になるのでは?」と思いやったら!

「新患30名!」「新患50名」と報告が続きました。

今ではスタンダードになりましたね。

ランディングページ型症状ページ

特定の症状の患者様を
集めるための
ランペです。

ホームページの中に埋め込まれ、
サイドバーなしでランペに近い形です。

事例:ランディングページ型症状ページ

他に目移りさせづらいので、
普通にページをつくるより成約率が高いです。

得意な症状や集めたい症状のときに
用いられやすいです。

純粋なランディングページ

1ページのみでつくられ移動先は、
申し込みページのみのページです。

申し込みか離脱かの2択です。

事例:ランディングページ
※ランペのイメージ参考までに

一番、成約率が高いのは、
純粋なランディングページです。

最近では、美容をやっている
治療院からは依頼されやすいです。

デザインが多いので、料金はかかりますが、
その分、成約率が高いです。

以上です。

ランディングページは、ここぞというときに
売りたい商品が売れやすくなります。

アクセスが集まっている治療院は、
売上を急激に上げやすいです。

「これだ!」という症状があるときに、
ランペを活用しましょう。

関連記事

関連記事はありませんでした

TOP> > 【売上UP】ランディングページ制作とは(治療院の施術を売ること)