【新患30名超】治療院のランディングページ構成を徹底解説

2022/02/06 (更新日:2022/02/06)

【新患30名超】治療院のランディングページ構成を徹底解説

ランディングページ

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

ときには、ランディングページで新患8~12名となります。また、30名を超えます。月間で新患50~100名となることもあります。

ランディングページは、
強力なマーケティングツールです。

1ページに1商品しかない紹介しないからこそ、
高い成約率を記録します。

ランディングページとは?

訪問者を申し込みや問い合わせに
つなげることが目的のページです。

縦長のレイアウトでそのページだけで、
商品のすべてがわかるようにします。

ランディングページをもっとよく知りたいという方は、
下記、ページも合わせてお読みください。

【売上UP】ランディングページ制作とは(治療院の施術を売ること)

成果は、制作会社の実力に左右される!

ランディングページ制作ほど、
制作会社の実力が出るものはありません。

世の中には、ホームページ集客、SEO、PPC、SNSなど、
たくさんの集客手法があります。

いずれも、成果になるのは8割以上が先生の実力ですが、
ランディングページは、制作会社の実力が9割を占めます。

そして、成果をあげられる制作会社は、
いつも新患を集客してます。

  • ランディングページの構成とパターン

問い合わせが起こりやすくなる一連の流れがあります。

パターン化されていますが、
ずっと効果を発揮し続けています。

では、どのような流れなのか解説します。

新患30名を超える治療院のランディングページ構成

ランディングページは、
大きく3つの構成にわかれます。

  • ①キャッチコピー
    ②ボディーコピー
    ③クロージングコピー

解説します。

①キャッチコピー

目を止めるキャッチコピーで
興味をグッと引き寄せます。

ファーストビューで閉じられれば、
そこから先が読まれないからです。

  • ・検索エンジンのタイトル
    ・キャッチコピー(ファーストビュー)
    ・サブキャッチコピー
    ・申し込みボタン

ランディングページにかけるエネルギーの8割以上は、
検索エンジンタイトルとファーストビューです。

サブキャッチコピーでさらに興味を掻き立て、
今すぐ購入したい方に、すぐに申し込んでいただきます。

②ボディーコピー

キャッチコピーで興味を持った方を
クロージングへ誘導する文章です。

お客様が抱える問題や不安を先読みして、
1つずつ解消してあげましょう。

  • ・リード文/導入文(このような方へ)
    ・証明(推薦・お客様の声・ビフォアアフター・累計施術実績)
    ・実証(なぜ、そのサービスが結果になるのか?)
    ・説明(強み・特徴・サービス・特典)
    ・価格(通常料金とキャンペーン価格)

ボディーコピーは、不安材料をすべて取り除きます。

③クロージングコピー

今すぐに申し込みをさせるために、
クロージングをかけます。

人は、物事を先延ばしにしたがるからです。

  • ・簡易(早くて簡単に導入できる)
    ・希少(数量が限定されていること)
    ・限定(期間限定の割引・無料)
    ・保障(返金保証・アフターサービス・サポート)
    ・よくある質問
    ・導入の流れ
    ・申し込み

お客様が申し込みボタンにたどり着いたときには、
すぐに申し込みをしたい気持ちにさせてあげましょう。

「問い合わせを起こす」とは

相手の心をつかみ、興味を持たせ、
断る理由がなくなり、申し込むことです。

ランディングページは、1ページで
すべてを完結します。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > 【新患30名超】治療院のランディングページ構成を徹底解説