キャッチコピーとは(ランディングページで一番重要!)

2022/03/08 (更新日:2022/03/08)

キャッチコピーとは(ランディングページで一番重要!)

ランディングページ

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

キャッチコピーとは?

ランディングページで成果の8割を決める
とても重要なところです。

キャッチコピーが読まれなければ、
その先に書いた文章はすべて無駄になるからです。

『からだにピース!』『セブンイレブン、いい気分』

これらは、ランディングページでつかう
キャッチコピーではありません。

ランディングページは、1アクセスに100円かかる
シビアな世界であるため、来院を訴求する言葉を使います。

  • 正しいキャッチコピーのつくり方!

誰でも反応の取れるキャッチコピーが
つくれるようになるには工程があります。

解説します。

キャッチコピーとは

キャッチコピーとは

ランディングページのキャッチコピーは、
目にとまる惹きつける文章を書きます。

目的は、成約させるためだからです。

  • ・今だけ!4月30日まで50%OFF!!
    ・通っている接骨院より2倍の満足を差し上げます。
    ・1分だけください。あなたの痛みを15分で改善します。

ランディングページを開いて、
最初に心をつかみます。

キャッチコピーを読み、
ボディコピーを読み、
クロージングコピーを読み、

申し込みとなるからです。

勘違いされているキャッチコピー

世間一般でキャッチコピーは、
良いイメージを与えるような文章をイメージします。

下記のような言葉です。

・癒しの場所をあなたに!
・明日の笑顔をつくるために!
・あなたのからだをメンテナンス!

このような言葉は、イメージをよくする
CMでは効果があります。

成約させるためであるランディングページでは不向きなのです。

ファーストビューが8割

ランディングページをつくるとき、
80%のエネルギーをキャッチコピーに注ぎます。

キャッチコピーが読まれなければ、
そこから先が読まれることはないからです。

ということは、成約しないということです。

①80:20の法則
パレートの法則があります。ランディングページの成果になるかどうかは、キャッチコピーが8割です。その先の長い文章は2割です。

②3秒ルール
ファーストビューとは、ホームページを開いたときに最初に画面に表示される情報です。ここで7割が離脱するといわれてます。その離脱するまでの時間が3秒であるため、3秒ルールといわれています。

③ZルールとFルール
3秒ルールでファーストビューをみるとき、人間の目線がZを描いて動くことをZルールと呼びます。また、Fの動きをすることをFルールと呼びます。ZやFの目の動きに合わせたコンテンツの並び方がよいとされてます。

たった3秒で起こる7割の離脱をどれだけ阻止できるかが
ランディングページの成果に直結します。

  • ランディングページで思うような成果にならないとき、ファーストビューのキャッチコピー、写真、デザインを変更します。

離脱率が改善されてから、本文の改善に入るのです。

3段階のキャッチコピーつくり方講座

ターゲッティング

キャッチコピーをつくるときに、
ターゲットを明確に決めてからつくります。

対象がわかると、なにを与えると
喜ぶのかわかるからです。

ターゲティング(Targeting)は、ペルソナをします。

ペルソナとは(意味や用語解説・マーケティングの活用法)

ペルソナとは、理想の顧客の条件を
年齢、職業、生活習慣まで決めることです。

ペルソナをもとにメリットが書き出せます。

メリット・ベネフィット

キャッチコピーで重要なのは、メリットです。

メリットが決まると、
かなりキャッチコピーが書きやすいからです。

ベネフィット・メリットとは(人の心を動かす価値)

メリットが何十個とみつかると、
並べるだけでよい感じのキャッチコピーができます。

最低30個以上を書き出す

キャッチコピーは、最低30個以上を書き出しましょう。

最初の1~5個でよいキャッチコピーは生まれないからです。

1個目のキャッチコピーを書くとよい物ができたと感じます。2個、3個できると、どれがよいかな?と考えます。10個できてくると、だんだんよい物ができてくる感じがします。30個できたときには、なぜ、1~3個目でよいと思ったのか疑問を感じるほど、よい物が生まれます。

論より証拠、体験する方が早いです。

実際に30個つくると、上記の意味が身にしみてわかります。

以上のようにキャッチコピーは、
とても重要な役割を持ってます。

ランディングページ制作では、
80%のエネルギーを注ぎ、キャッチコピーをつくり上げましょう。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > キャッチコピーとは(ランディングページで一番重要!)