意図とは | ミッシェル・グリーン

意図とは

カテゴリー:マーケティング

意図

何かをしようとすること。
何かをしようと考えている事柄。おもわく。もくろみ。

 

この意図をしっかり理解すると、集客できていないホームページに大きなテコ入れをすることができます。

意図を簡単に解説すると、ホームページで文章を作ったとき、2つが患者さんに届きます。

それが言葉と意図です。

 

言葉は、その通り、書かれた言葉を患者さんが読んで理解します。
意図は、書かれた言葉からその真意を読み取り、なぜこのようなことを書いているのかを理解します。

 

例で文章代行作成を頼んだものの、完成した文章はしっかり症状を解説しているけれど、「なんか、違う。」「クオリティが低い。」と思ったことがあるなら、そのライターが先生の意図を読み書いていなかったことが原因です。

そして、ライターはただ、症状を解説する。という意図しか持っておらず、重要な「来院させる。」という意図なしに書いていたことが原因です。

相手の意図を読まないと求めていることを提供できず、こちらはしっかり意図を送らないと来院してほしいときにしてくれず、理解してほしいときにしてもらえません。

 

一般的には、キャッチコピーや文章で言葉を大切とされますが、それ以上に重要なのが意図です。何の意図を伝えるかで言葉が作られます。

意図がなく、文章を作ろうとすると、文章が思い浮かばず、意図なく文章を作っても、何の成果も得られません。

 

「来院させる!」という意図があり、文章を作ることで相手に来院の重要性を理解させることができます。

ホームページ全体を見たときのテコ入れは、何の意図が飛んでいるかです。

その意図は、作ったときにどういう思いだったかがしっかり、作成過程結果であることを理解します。

TOP> > 意図とは