来院させようとする意図 | ミッシェル・グリーン

来院させようとする意図

カテゴリー:マーケティング

ホームページ構成や文章には、意図が重要性です。

相手を思いやる意図があり、文章を作成し伝えますが、心無い言葉はすぐわかりますね。

 

ただ、もう一つ、上の段階をご説明致します。

それは、意図を飛ばさないことです。

 

意図がない。

意図を飛ばすと、患者さんは先生がどんなことを考えているかがわかります。

ただ、意図が飛んでこないと、わかりません。

イメージで言うと、格闘技で意図が飛んでいる状態は、構えていることと同じです。
先生が構えているので患者さんもわかります。人によっては構えるでしょう。

ただ、先生が構えていないと患者さんも構えません。

 

様々なテクニックや技術があります。

どのような技を使おうとしても、すべて意図を読まれます。
そのため、繁盛院はノウハウを仕入れ使えば、良い意図が飛ぶので来院が起こり、
売上に困る院は、ノウハウを手に入れても使われないか、使っても来院してほしい意図が患者さんは離れます。

それらは、意図を飛ばして、技術を使います。

これらを意図を飛ばさずに技術を使うのです。
イメージ、無に近いですね。

そうすると、下手なテクニックを使っていても使っているように見えなくなります。

言葉だけ、すーっと素直に入っていくようになります。

それができると今まで来院で作ることができなかった患者層を来院に導き出せ、他院でそれができる人がわずかしかいないので同じことをしても競合することがなくなります。

TOP> > 来院させようとする意図