肩こり記事を書き続け、ネタはあるけど書くことが・・・ | ミッシェル・グリーン

肩こり記事を書き続け、ネタはあるけど書くことが・・・

カテゴリー:マーケティング

肩こりの記事を書き続けていると、キーワードツールを利用しているので、キーワードを元にしたネタがありますが、内容が思いつかない・・・。

肩こりを勉強していたとしても、今知っている知識では書いていて限界があります。

「最近、肩こりのことを書きすぎて、他の記事と似た記事になってしまっている。」

そのようなときは、ネタではなく、知識を増やすステップです。

 

知識量を増やすタイミング

ネタがないと、書こうと思っても書けずにぼーっとしてしまいます。
知識量が足りないときは、同じネタを書きすぎているときに違うことを書こうと思っても同じようなことを書いているときに起こります。

そのときが勉強のタイミングです。

肩こりについて、書籍、ネット検索、動画、著名人に会い知識を得ます。
それによって、新しい知識を得ることで今まで書いていたこととは違うことが書けるようになります。

常に勉強をしている人が多いですが勉強は、必要になったときにし、それ以外は、実践をするのです。

このように必要なときに必要な知識を得ることでホームページだけでなく、店舗での問診にも役立ちます。

記事内容が似たようなことを書いていてきになるときは、長く来院してくれている患者さんにも同じことを話してしまっていることでしょう。是非、専門知識の勉強に取り入りましょう。

TOP> > 肩こり記事を書き続け、ネタはあるけど書くことが・・・