ホームページで人は何を読んでいるのか? | ミッシェル・グリーン

ホームページで人は何を読んでいるのか?

カテゴリー:マーケティング

意図の説明から、人は言葉ではなく、意図を読んでいるということです。

 


症例について教えていて、嫌味に感じる。→知識のないことを小馬鹿にする意図
他と同じことが書かれているけどなぜか信用できる。→相手のことを思う意図
買いたくないのに売ろうとしている。→サービスを買ってほしい意図

ホームページに書かれていることよりも、人は意図を読んで来院しているので文章代行より、先生が書いた方が伝わりますし!

ホームページ制作で怠惰になってしまうと、「来院してほしい。」「楽したい。」と思っている先生は、「来院しろー。」だったり、「最低限のことしかしたくない。」「やりたくないけどやっている。」意図が飛びます。

 

意図はまっすぐ飛ぶ。

文章と意図の違いは・・・
文章:短くシンプルにも、いくらでも長く説明し回り道することもできます。

 

 

意図:一直線

 

文章やホームページを作成するときに最初に理念やビジョンを決めてから作成する理由は、それによって、意図がしっかりするからです。

それがないと、「作るのが面倒」「早く終わらせるために削れるところは削ろう。」とし、その意図が飛びます。

TOP> > ホームページで人は何を読んでいるのか?