【症例ページ】無駄な説明はすべて削除 | ミッシェル・グリーン

【症例ページ】無駄な説明はすべて削除

カテゴリー:マーケティング

市場調査というのは、ときに色々な気付きを与えます。

最近、どこの治療院サブページでも肩こり、腰痛のような症状ページを見かけます。
それらのページ内には、腰痛で始まれば、「腰痛とは」から始まり、原因や症状の具合について書かれます。

どこの院のページを見ても、同じような順番で同じようなことが書かれています。

 

そもそも、腰痛について書けば、似たようなことになるのは仕方ありません。
なら、書く必要がないということです。
そもそも、患者さんが本当に知りたいことは何でしょうか。

 

改善されるかされないか。

なら、結果だけ掲載すれば良いのです。
いくら方法を並べても改善された結果がなければ、信用できません。

改善された事例、患者様の声だけを掲載したサブページにすれば良いだけなのです。

 

ポイント

・症状がいかにひどいか?
・いかに改善されたか?

この2点だけを書けば良いのです。

 

動画の場合

患者様の声動画がありますが、先生が患者様の声を読み上げるだけの動画を作ってもいいですね。
何十枚もある患者様の声で重要な点だけ読み上げる。イメージです。

TOP> > 【症例ページ】無駄な説明はすべて削除