No.1を目指す理由 | ミッシェル・グリーン

No.1を目指す理由

カテゴリー:マーケティング

No.1は、責任が課せられます。

No.1が悪いサービスをすれば、その業界は廃れます。
患者は、業界に飽き、どこに行っても一緒だと思い、購入意欲を失います。

それは、治療院のセミナー、DVD販売がイメージで近いでしょう。
本当に優れた先生だけでなく、一般的にすごいと思われるような先生でない先生まで「儲かる!」と思い、セミナーやDVD販売を始めます。

これと言ったすごい取り柄があるわけではないので、ゴッドハンドや凄腕先生として、紹介されますが、何人にも使われ、言葉が陳腐化(飽き飽き)されます。

DVDやセミナーでハズレが多いことで飽々し、飽和状態になり、販売が難しくなり、より過激なキャッチコピーで集めようとします。

 

No.1は、業界をコントロールすることができるので業界が廃れるか繁栄するかの責任があります。

ただ、儲けだけしか考えない会社がNo.1になったとき、その業界は廃れていきます。

 

ミッシェル・グリーンで顧客にNo.1なってほしい理由は、素晴らしい患者のために、良いサービスを提供し、他院のマイナスで先生にマイナスになってほしくないことです。

もし、儲けしか考えない先生がその地域でNo.1になれば、先生もその先生に足を引っ張られます。

患者のために先生が業界の繁栄に責任を持ち、繁栄させてほしいということから、No.1を目指していただいてます。

TOP> > No.1を目指す理由