反応の取りやすいサブページ項目の決定 | ミッシェル・グリーン

反応の取りやすいサブページ項目の決定

カテゴリー:マーケティング

サイドバーに掲載するサブページの項目

 

先生が得意とする項目や患者さんがよく来院される項目を掲載することもできます。

 

それ以上に反応が取れることが、ホームページのターゲットとしている患者さんにアンケートを取ります。

・当てはまる症状は何か?
・何の症状で困っているか?

 

当てはまる症状では、例えば、OLがホームページの来院対象であれば!

冷え性、足のむくみ、疲れ、肩こり、腰痛・・・

と症状を書いておきます。

 

当てはまるものにチェックをしてもらいます。

 

もう一つ、それ以外に見落としがある可能性があるので、何の症状で困っているか?を書いてもらいます。

 

それらで多い症状をホームページに反映させるのです。

選択された回数が多い順番に上から並べます。

 

そうすれば、対象とする患者さんが困っている症状を見つけやすくなります。

他にもアクセス解析でクリック率が高いページを上にするのも良いですね!

 

これで困っている症状へスムーズに向かわせるサブページ誘導率が上がり、来院率を上げられます。

TOP> > 反応の取りやすいサブページ項目の決定