成約率を上げたサブページ構成 | ミッシェル・グリーン

成約率を上げたサブページ構成

カテゴリー:マーケティング

説明文を省いて、キャッチコピーと写真やイラストで症状を解説する方式に変えたところ、滞在時間と成約率が上がりました。

今まで入れていた説明文の短いと3行程、長いと600文字を超える文章を入れていましたがをれをなくし、代わりに写真やイラストで理解できるようにしました。

 

従来
・キャッチコピー
・写真もしくはイラスト
・説明文(3行から5行)

新モデル
・キャッチコピー
・写真もしくはイラスト
・説明文を入れる場合(サブキャッチのように一言)

 

このことから、詳しい説明を理解するのが『面倒』になっているという方向性がわかってきました。

TOP> > 成約率を上げたサブページ構成