ハッキング被害からサイトを守る4つの対策 | ミッシェル・グリーン

ハッキング被害からサイトを守る4つの対策

カテゴリー:マーケティング

不正なハッキングから、サイトを守る、今出来ることを4つ紹介したいと思います。

 

日本国内だけでなく、海外からも来る不正なハッキング、対策を打っていますか?

悪質なハッカーは、サイトのセキュリーの弱い所から侵入し不正にアクセスしたり、サイトを乗っ取ります。
改ざん、別のサイトへ誘導、クレジットカード等の個人情報を取るかもしれません。

また自身のサイトが犯罪に使われてしまう可能性もあります!

セキュリティを高め、ハッキングを防ぐには、どよのうな対策があるのでしょうか?

 

1、パスワードを複雑なものにする

これはよく言われることですが、推測されやすい単語や数字にしていませんか?
名前や生年月日にしていませんよね。

パスワードは、複雑なものにし、管理マネージャなどで管理することをお勧めします。

パスワードの使い回しも避けたいですね。
2段階認証が利用できる場合は 、必ず2段階認証を使うようにしてください。

 

2、システムを最新に保つ

私たちが使っているパソコンやブラウザなどは、定期的にアップデートされています。
「追加機能が増えました」といった目的だけではなく、セキュリティの『脆弱性』に対しても対策がされています。

最新版を使っていないと、対策前の『脆弱性』を含んだものを利用している事にり、危険な状態なんです。

必ずシステムは最新の状態に保っておいてください。

 

3、SSL

このブログでも何回かご紹介しましたが、SSLも今出来る対策の一つ。
SSLは、データを暗号化して送受信する仕組みですので、盗み取られたとしても、特定されづらくなります。

グーグルでも、SSL導入を推奨していることからも、対策の一つとして、入れておきたいですね。

 

4、バックアップ

ここまでの対策でハッキングを防ぐことは可能か?というと、100%ハッキングを防ぐことは難しいのが現状です。
ハッキング被害に遭い、データが回復不可能な時などに備え、バックアップをとっておくことが必要です。

 

あの時やっていれば・・・と後悔しない為にも、対策を打っていてください。

TOP> > ハッキング被害からサイトを守る4つの対策