52%がサイトの表示速度と会社の信頼性を関連づける。 | ミッシェル・グリーン

52%がサイトの表示速度と会社の信頼性を関連づける。

カテゴリー:マーケティング
2018年4月14日

先日、
『表示速度が1秒遅くなるだけで・・・』という記事をアップしましたが、

ウィキペディアに面白い記事を見つけました。

 

「8秒ルール」
1999年6月に米国のゾナ・リサーチ社が発表した調査報告『The Need for Speed』では、サイトの表示に待ちきれなくなるまでの時間が8秒でした。

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/8%E7%A7%92%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB

良い時代でしたね。

 

昨年、2017年になると・・・

「消費者の47%が2秒以内にWebページの読み込みを期待している。」とあり、
お客様の52%がサイトの表示速度と会社の信頼性を関連付けていました。

リンク
https://searchenginewatch.com/2017/04/04/site-speed-tactics-in-a-mobile-first-world-why-ecommerce-brands-need-to-step-up-their-site-speed-game/

 

データからも分かる通り、利用者がページ表示に待つ、我慢できる時間は年々短くなっています。

表示速度が遅いと違うサイトに行ってしまうだけでなく、会社としての信頼度も下げることになります。

表示速度は、これからますます重要になってきますね。

TOP> > 52%がサイトの表示速度と会社の信頼性を関連づける。