実はまだまだ多い61.6%の患者がネットを不安に感じている。 | ミッシェル・グリーン

実はまだまだ多い61.6%の患者がネットを不安に感じている。

カテゴリー:マーケティング
2018年5月15日

2016年の総務省による調査の結果、61.6%がネット利用に不安を感じていると出ました。

こう見ると、まだまだ多いものですね。

 

総務省のデータで、『インターネット利用時に不安を感じる人の割合』

 

引用:総務省「通信利用動向調査」
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/statistics05.html

インターネットを利用していて不安を感じる個人の割合は、「不安を感じる」「どちらかといえば不安を感じる」を合わせて61.6%と、約6割が何らかの不安を感じています。

 

インターネット利用時に感じる不安の内容は・・・。

引用:総務省「通信利用動向調査」
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/statistics05.html

 

電話やハガキで振り込め詐欺の通知が来たことありませんか?
パソコンやスマホに迷惑メールが来たりしませんか?

何処かの何かの情報が漏れていることになります。

電子決済をする際、大手でない時、躊躇うことがありませんか?

ホームページを見ていて、クリックしたら全然関係ないサイトに飛んだことありませんか?

 

これは患者様が、治療院のホームページを訪れる際にも感じる不安です。


お問い合わせのページで、症状を記入したり、メールアドレスを登録したりした際、

・この治療院、情報の取扱はちゃんとしているのかしら?
・後で、サプリメントのDMなどが来たりしないかしら?
・迷惑メールが来たりしないかな?

と不安を感じるのです。

 

Googleで一番重要視しているのは、セキュリティーです。
弊社も、SSLを導入するなどしてセキュリティ対策に努めています。

ホームページを持つ者として、お客様の不安には、しっかり応えていきたいですね。

TOP> > 実はまだまだ多い61.6%の患者がネットを不安に感じている。